外湯めぐりは温泉情緒満載!!9つ楽しめる渋温泉

「日本の屋根」と言われる長野県は

8つの県に囲まれた海なし県です。

 

北信から縦走する「志賀草津ルート」を

超えれば群馬県となりますが

起点となる志賀高原の麓あたりは

下高井郡山ノ内町といい

町の中には「湯田中渋温泉郷」として

一帯に点在する9つの温泉郷があることで

知られています。

 

中でもよく知られているのは「渋温泉」。

 

横湯川に沿って広がる温泉街は

大小の旅館やホテルがざっと30軒ほど。

 

国道から一歩入れば

石畳が敷かれた路地には

レトロな構えの外湯がいくつか見受けられます。

https://stat.ameba.jp/user_images/20100622/00/maichihciam549/9c/9d/j/t02200293_0240032010603022628.jpg

一番湯の「初湯」

二番湯「笹の湯」

三番湯「綿の湯」

四番湯「竹の湯」

五番湯「松の湯」

六番湯「目洗い湯」

七番湯「七操の湯」

八番湯「神明滝の湯」

九番湯「大湯」

となっており

昔から地域の人々によって大切にされてきた総湯で

宿泊客も

すべての外湯が無料で利用可能となっています。

 

各旅館から

外湯のマスターキーが貸し出され

9つすべてをまわれば「苦(九)労が流される」とか。

 

https://stat.ameba.jp/user_images/20100622/00/maichihciam549/a0/00/j/t02200293_0240032010603022632.jpg

渋温泉に宿泊しない人は

九番湯「渋大湯」のみの入浴になります。

お値段は500円。

 

https://stat.ameba.jp/user_images/20100622/00/maichihciam549/25/a8/j/t02200293_0240032010603022694.jpg

温泉街では

温泉饅頭のお店やお土産物屋さんもあり

下駄を鳴らしてそぞろ歩きも

楽しそう( *´艸`)

 

 

この日の宿泊は「渋ホテル」。

https://stat.ameba.jp/user_images/20100621/16/maichihciam549/44/fa/j/t02200293_0240032010602222363.jpg

www.shibuhotel.com

昔からの温泉街ですが

こちらのお宿

改装されてて綺麗でした。

 

さて💡

https://stat.ameba.jp/user_images/20100622/09/maichihciam549/85/30/j/t02200293_0240032010603211958.jpg

どこかの教室のような風景…

 

じつは

渋ホテルの1階のラウンジなのです。

https://stat.ameba.jp/user_images/20100622/09/maichihciam549/05/3a/j/t02200293_0240032010603211959.jpg

黒板にオルガン

机に教科書…

https://stat.ameba.jp/user_images/20100622/09/maichihciam549/64/ab/j/t02200293_0240032010603211960.jpg

管理人が小学生だったころは

さすがにこんなレトロ調ではなかったですが

それでも確かに国語の教科書は光村図書でした笑

https://stat.ameba.jp/user_images/20100622/09/maichihciam549/9f/29/j/t02200293_0240032010603211966.jpg

ぱらぱらと教科書をめくって

『こんなだったかなぁ』と

あの頃に思いを馳せ

懐かしいような空間で

ひと息、、、

https://stat.ameba.jp/user_images/20100622/09/maichihciam549/d8/84/j/t02200293_0240032010603211965.jpg

おいしくいただいてきました。