INAXの発祥地・常滑 身近なアノ陶器の博物館が意外とおもしろいよ!

登録有形文化財の煙突は1921年製。

https://stat.ameba.jp/user_images/20101103/14/maichihciam549/fe/97/j/t02200293_0240032010837543732.jpg

右へ進むと

珍しい「世界のタイル博物館」です。

https://stat.ameba.jp/user_images/20101103/14/maichihciam549/64/57/j/t02200293_0240032010837543735.jpg

約1000点の装飾タイルを美しく展示。

 

なんかめちゃ綺麗やった✨✨

 

INAXライブミュージアムは

5つの発見館から成っています。

煙突が目印の「窯のある広場・資料館」と

「世界のタイル博物館」

やきもの制作の「陶楽工房」

「土・どろんこ館」では土の温かさを感じ

「ものづくり工房」でINAXの伝統や技術を紹介。

 

1924年

常滑市で創業された伊奈製陶は

タイルや陶管、テラコッタの製造を手掛け

現在

トイレや洗面器などの衛生陶器は

TOTOとINAXで国内生産の90%を占めています。

 

とりわけ

タイルでは世界最大のメーカーなのです。

 

そんなINAXの歴史やタイルなどに

関心を持っていただこうと

2006年

この地にオープンしたのが

「INAXライブミュージアム」なのです。

 

前置きが長くなりましたが

本題です。

 

「窯のある広場・資料館」の2階を

ちらりとご紹介。

https://stat.ameba.jp/user_images/20101104/13/maichihciam549/c8/ce/j/t02200293_0240032010839603580.jpg

和柄な便器です。

https://stat.ameba.jp/user_images/20101104/13/maichihciam549/bf/d2/j/t02200293_0240032010839603581.jpg

こんな柄の大皿とか灰皿もありそうな?

 

明治期以降の「染付便器」がずらりとありました。

 

硝子の向こうには

https://stat.ameba.jp/user_images/20101104/14/maichihciam549/2a/c0/j/t02200293_0240032010839680597.jpg

蓋付きのこんなのとか↑

 

お揃い柄の?

https://stat.ameba.jp/user_images/20101104/14/maichihciam549/63/64/j/t02200293_0240032010839680598.jpg

スリッパも陶器?と思ったら

なんと立ち位置を決めるために置いてあるそうです。

 

https://stat.ameba.jp/user_images/20101104/13/maichihciam549/fe/42/j/t02200293_0240032010839603583.jpg

W.Cって…

ウォーター・クローゼットなんだぁ💡

 

資料室は

かつての窯を改装してあり

趣があります。

https://stat.ameba.jp/user_images/20101104/13/maichihciam549/6a/ec/j/t02200293_0240032010839603587.jpg

1階から入れる窯は

リラクゼーションルームと化す。

 

https://stat.ameba.jp/user_images/20101104/13/maichihciam549/54/94/j/t02200293_0240032010839603600.jpg

 

世界のタイルも良かったけど

こっちも面白かったなー♫

 

入場料600円は

まぁ納得かな!

 

喫茶で

https://stat.ameba.jp/user_images/20101103/14/maichihciam549/41/53/j/t02200293_0240032010837543738.jpg

コーヒー頼んだら

オレンジピールとラスクがついてきました♡

おしゃれ( *´艸`)

 

 

「INAXライブミュージアム」は

やきもの散歩道上にあり

両壁に土管などが埋め込まれた土管坂

黒い板壁の工場や陶器会館などもコース内。

 

https://stat.ameba.jp/user_images/20110110/09/maichihciam549/1f/62/j/t02200293_0240032010974152947.jpg

 

常滑市の地場産業である

「常滑焼」は

12世紀ごろから

すでにはじまっていて

釉薬をつかわない

壺などが焼かれていたそうです。

 

https://stat.ameba.jp/user_images/20110110/09/maichihciam549/a4/8c/j/t02200293_0240032010974152959.jpg

迷路のような路地の

そこかしこに

高く積まれた土管や甕(かめ)が

眼下に見える伊勢湾と対照に

焼物の町を印象づけます。

 

「やきもの散歩道」は

「陶磁器会館」を起点に

Aコースは1.5キロで所要時間は1時間。

Bコースは4キロで2時間半。

 

コースにとらわれずに…


窯場や工房、黒板壁の作業場など

道しるべをたどりながら

知らない町を歩くのは

ちょっとわくわくします。

 

「展示工房館」は

休憩所を兼ねた無料の施設で

昭和の中頃まで使われていた窯や

常滑焼が紹介されています。

 

https://stat.ameba.jp/user_images/20110110/13/maichihciam549/e1/bd/j/t02200293_0240032010974498623.jpg

ここで初めて

路地に埋められていた壺は

焼酎が入っていたものだと

知ることができたのでした。

https://stat.ameba.jp/user_images/20110110/14/maichihciam549/3e/fd/j/t02200293_0240032010974542154.jpg

ロケにも使われたので

ファンなら映画の1場面と

重ね合わせるのも楽しいのでは?

https://stat.ameba.jp/user_images/20110110/13/maichihciam549/21/0a/j/t02200293_0240032010974526575.jpg

こちらもまた

マニアが喜びそうな看板です。

 

レトロな雰囲気の喫茶店でした。

 

国指定重要有形文化財の登り窯

https://stat.ameba.jp/user_images/20110113/21/maichihciam549/35/9c/j/t02200293_0240032010981292446.jpg

明治時代のものです。

かつては60基ほどあった窯も

今ではここだけ。

外観は

高さの異なる煙突が並びます。

 

https://stat.ameba.jp/user_images/20110113/21/maichihciam549/ed/be/j/t02200293_0240032010981292452.jpg

ところで

常滑市は

日本一の「招き猫」の産地です

街を歩けば

さまざまな「招き猫」に出会えます。

https://stat.ameba.jp/user_images/20110113/21/maichihciam549/53/ef/j/t02200293_0240032010981292457.jpg

https://stat.ameba.jp/user_images/20110113/21/maichihciam549/25/5b/j/t02200293_0240032010981292465.jpg

全国の8割が

常滑で生産されているので

おうちにあるのは

もしかするかもしれませんよ??

 

焼き物の町でもあるのですが

廻船問屋も多かったそうで

常滑船は

尾張、三河、伊勢、江戸…

などの地を結んでいたそうです。

 

そんな歴史に触れられるのが

「廻船問屋 瀧田家」

復元・整備して公開していて

「やきもの散歩道」内にあります。

 

https://stat.ameba.jp/user_images/20110110/13/maichihciam549/8a/da/j/t02200293_0240032010974498629.jpg

黒板塀と

今は使われていない煙突…

 

散策で出逢う風景は

とてもノスタルジックなのでしたぁ。

 

お天気の良い日に

ゆっくり歩いてみたいですね。