願いを1つだけ叶えてくれる…石上さん・三重・相差(おうさつ)

三重県鳥羽市の 相差(おうさつ)漁港です。

https://stat.ameba.jp/user_images/20110107/09/maichihciam549/ef/03/j/t02200293_0240032010967656958.jpg

海女の活躍する町ですが

ここ数年

テレビなどで紹介されてからは

小さな集落が大変なことに!!!!

 

 

お正月の2日で

漁港は静かでしたが

海女さんを見に来たわけでは

ありません。

 

 

港は静かですが

この町1番の賑わいを見せるのは

知る人ぞ知る

「石上さん」です。

 

「神明神社」内にある

小さなお社の神様です。

 

先に

御本殿を参拝して…

https://stat.ameba.jp/user_images/20110107/09/maichihciam549/ab/f6/j/t02200293_0240032010967656976.jpg

天照大神ほか25柱の神々が祭られています。

 

神木の楠には触れることができ

長寿にあやかれるのだとか。

 

そして

参道の途中にある「石上さん」へ。

https://stat.ameba.jp/user_images/20110107/09/maichihciam549/85/20/j/t02200293_0240032010967646077.jpg

武天皇の母

玉依姫命(たまよりひめのみこと)が

お祀りされており

古くから女性の願いは

必ずひとつは叶えてくれると

海女たちから信仰され

現在では

全国から参拝者が絶えません。

  

ここで授与されている

手づくりのお守りがあるのですが

午前中には品切れになるほどの勢いで。

https://stat.ameba.jp/user_images/20110107/09/maichihciam549/b4/16/j/t02200293_0240032010967648408.jpg

私も行列して授与していただきました。

800円也。

 

封筒には

お守りの形状について

たとえば 口紐の結びにしても

「願いが叶うように“叶い結び”にしてある」

など

いろいろ理由が書いてあります。

 

 

もうひとつはストラップ。 

特に必要というわけではなかったのですが

つい…

https://stat.ameba.jp/user_images/20110107/09/maichihciam549/dc/47/j/t02200293_0240032010967648407.jpg

こちらは1000円本真珠付き。

 

ちなみに

どちらも星印と格子柄が

入っていますが

「ドウマン・セイマン」といって

魔よけの印です。

 

 

海は豊かな恵みを与えてくれる一方で

自然相手の厳しさや不思議なことがあるそうで

海女たちは

自分の身を守るために

それぞれ帽子や手拭いなどに

模様を縫い込むそうです。

 

 

星印は

一筆書きなので

魔が入らないという

万国共通の悪魔払い。

 

格子柄は

横4本線、縦5本線が決まりで

多くの目を作ることで

魔物をひるませ退散させる。

ということだそうですよ。

 

この町のいたるところに

「ドウマン・セイマン」が見られます。

https://stat.ameba.jp/user_images/20110107/09/maichihciam549/c0/e9/j/t02200293_0240032010967646074.jpg

この石は「フンドウ」といって

海女が 

沖に出て海中へ潜る時

「フンドウ」を握って

一気に沈むための道具なのです。

 

 

 

民宿が非常に多い相差ですが

「フンドウ」のある宿へ行けば

海女に会えるかもです。

 

 

 

 

そんな海女たちを

広く知っていただこうという施設が

「相差海女文化資料館」

https://stat.ameba.jp/user_images/20110107/14/maichihciam549/e4/c3/j/t02200293_0240032010968101561.jpg

無料です

 

中に入ると

「石上さん」を訪れて

願いが叶ったという有名人の写真や…

https://stat.ameba.jp/user_images/20110107/14/maichihciam549/78/a7/j/t02200293_0240032010968101563.jpg

白い磯着の海女がお出迎え。

https://stat.ameba.jp/user_images/20110107/14/maichihciam549/14/fe/j/t02200293_0240032010968101562.jpg

昭和30年ごろは このようないでたちでした。

 

 

“磯ノミ”で

岩に張り付いた鮑をはがす体験ができたり

https://stat.ameba.jp/user_images/20110107/14/maichihciam549/04/5f/j/t02200293_0240032010968101566.jpg

岩にへばり付いているのを

かき落とすようにして取るから牡蠣。

 

海女小屋「かまど」は

https://stat.ameba.jp/user_images/20110107/09/maichihciam549/3b/e1/j/t02200293_0240032010967656961.jpg

本来

海女が体を休めるところですが

要問い合わせで

海女の体験談や漁の話を聞けたり

食事ができるようになってます。

 

https://stat.ameba.jp/user_images/20110107/09/maichihciam549/13/19/j/t02200293_0240032010967646071.jpg