白沙村荘(はくさそんそう)・橋本関雪記念館

京都市内の…

銀閣寺へ向かう橋。

https://stat.ameba.jp/user_images/20110225/09/maichihciam549/63/a6/j/t02200293_0240032011073236802.jpg

…を渡らずに

反対方向へ行くと?

 

「白沙村荘  橋本関雪記念館」

(はくさそんそう はしもとかんせつきねんかん)

があります。

大正から昭和にかけて活躍した日本画家、橋本関雪の

アトリエ 兼 邸宅だったものを

昭和58年から記念館として公開しています。

 

大正5年に引っ越してきた当時は

あたり一面の水田であったとか。

 

30年にわたって6,7回

敷地を買い足し、土を盛り

今見るような庭園になりました。

 

橋本関雪の生涯の大半を

ここに費やしている

“最も大きな作品”ということになります。

https://stat.ameba.jp/user_images/20110225/09/maichihciam549/fb/f3/j/t02200293_0240032011073236797.jpg

 

関雪が暮らした屋敷「瑞米山」からは

「芙蓉池」が前面に広がり

ここからの眺めを

関雪はことのほか愛したそう。

入館料込みで

食事(4500円~)やお茶(1500円)がいただけます。

入館のみは 800円。

https://stat.ameba.jp/user_images/20110225/09/maichihciam549/59/72/j/t02200293_0240032011073236798.jpg


出品用の作品を描くための

アトリエ「存古楼」は

「芙蓉池」からの反射光を利用して

明るい室内となっています。

https://stat.ameba.jp/user_images/20110225/09/maichihciam549/cb/00/j/t02200293_0240032011073236801.jpg

夫人のために作られた茶室や

平安から桃山時代にわたる石造美術がたくさん。

 

https://stat.ameba.jp/user_images/20110225/09/maichihciam549/d1/e1/j/t02200293_0240032011073236799.jpg

「藪の羅漢」

 

見上げれば大文字などの東山が借景となり

四季折々の自然にあふれています。

 

建築の原案や

木の配置に至るまで

すべて本人が手掛けたもので

関雪が持つ美意識が

大きく反映された庭は

国の名勝に指定されています。

 

ギャラリーでは

所蔵作品やコレクションなど

随時公開していて

見覚えのある作品に出逢えるかも?

 

表通りに面した

お隣にはカフェがあり

作品を見た後の一休みに利用できそうです。

https://stat.ameba.jp/user_images/20110225/09/maichihciam549/d6/ea/j/t02200293_0240032011073227745.jpg

https://stat.ameba.jp/user_images/20110225/09/maichihciam549/1d/c6/j/t02200391_0480085411073227746.jpg

 

そして

またしても四つ葉のクローバー♡

https://stat.ameba.jp/user_images/20110225/09/maichihciam549/fd/94/j/t02200391_0480085411073236803.jpg

 

 

www.hakusasonso.jp