ロープウェイで登る松山城と坊ちゃん湯「道後温泉 本館」

四国最大の発展を見せる

愛媛県松山市は

「松山城」の城下町。

 

人口約45万人です。

 

「松山城」は

江戸時代最後の完全な城郭建築として
幕末に落成しました。


勝山(標高132m)山頂に
賤ケ岳の合戦で有名な加藤嘉明が築いたのがはじまりです。

 

当初は5層の天守閣を構えていたものの

伊勢の桑名から松平定行が

松山藩15万石の大名として移り

3層の天守閣に改築しています。

 

以後

14代 240年間

明治維新をむかえるまで

松平家の居城でした。

 

落雷で焼失した天守は

幕末の頃(1854年)再建され

現在に至ります。

 

勝山の麓からつづくロープウェイ(天守観覧券と往復券で1020円)を降りて

天守閣まで楽勝なのかと思いきや?

https://stat.ameba.jp/user_images/20110524/22/maichihciam549/3e/0a/j/t02200293_0240032011248703705.jpg

見上げるほどの石垣…

 

https://stat.ameba.jp/user_images/20110524/22/maichihciam549/61/a8/j/t02200293_0240032011248703708.jpg

桝形が見られます。

 

坂道を登りつづけ

深く酸素をとり込みながら 運動不足💧

https://stat.ameba.jp/user_images/20110524/21/maichihciam549/83/67/j/t02200293_0240032011248641509.jpg

やっと!たどり着きました。

 

いやーぁ

なかなか守りの堅いお城でござる。

 

本丸前は広場になっていて

瀬戸内海も見えました。

 

 

 

 

この街で生まれた俳人・正岡子規。

 

死を迎えるまでの約7年間

結核を患っておりました。

 

雅号は

血を吐くまで鳴くといわれるホトトギスから。

 

 

子規にちなんで

https://stat.ameba.jp/user_images/20110524/09/maichihciam549/a7/4c/j/t02200293_0240032011247432661.jpg

きっと

俳句の盛んな街なのでしょうね?

 

 

 

城下には

あまり知られていない(?)「椿の湯」。 

https://stat.ameba.jp/user_images/20110524/09/maichihciam549/a6/f7/j/t02200293_0240032011247432665.jpg 

地元の方々に

よく利用されているんだとか?

 

しかし

観光するなら有名なこちら!!!!!

https://stat.ameba.jp/user_images/20110524/09/maichihciam549/84/0b/j/t02200293_0240032011247432664.jpg

正岡子規の同級生であり
死期を迎えるまで交流のあった
夏目漱石が

自らの小説「坊ちゃん」で

この「道後温泉 本館(共同浴場)」を紹介していることから

「坊ちゃん湯」の名で親しまれています。

 

重要文化財指定です。

 

※2017年12月現在 段階的に改修工事を行っています。

 お出かけ前には要確認を!!道後温泉公式サイト
 
 
明治27年の建築で
翌年 松山中学校の英語教師として
赴任してきた夏目漱石は
小説「坊っちゃん」の中で
“住田の温泉”として登場させ
温泉だけは立派なものだ、と評価しています。
 
 
その頃
8銭出すと
3階の“上等”で湯上りに
貸し浴衣と、お茶とお団子がもてなされましたが
現在では
3階“霊の湯(たまのゆ)”(個室)は
同じサービスで
80分、1500円となっています。
 
 
ちなみに
2階の“霊の湯”は
60分、1200円
お菓子がお煎餅、一般席であるなど
階と値段によって
サービス内容が違ってきますので…
 
 
なお
当時のまま保存されている
3階「坊っちゃんの間」は
1階、2階の利用者も

見学可能です。 

 

 

 

「松山や 秋より高き 天主閣」 正岡子規

 

俳人・歌人として有名な正岡子規は

野球を日本に紹介した人物でもあります。

 

「バッター」を「打者」

「ランナー」を「走者」

「ストレート」を「直球」など…

 

当時 

米国から伝わったベースボールは

正岡子規によって日本語に訳され

より親しみのあるスポーツへと

発展していくのです。

 

 

時代を超えて

彼の功績は評価されつづけ

2002年には

「野球殿堂入り」を果たしたのでした。

 

 

「道後温泉 本館」の向かいには

「道後ハイカラ通り」という商店街です。

 

石畳に沿って歩けば

道後温泉駅へつながります。

 

いろんなお店があって

見ているだけでも楽しいです。

 

なにか松山らしいものを、と思い

これ↓

https://stat.ameba.jp/user_images/20110526/09/maichihciam549/46/91/j/t02200293_0240032011251287966.jpg

「母恵夢(ポエム)」!!!!

黄身餡を

ミルクのようなバターのような風味の生地で

包んである焼菓子です。

 

小さいころ好きだったなぁ懐かしい♡

 

 愛媛といえば「タルト」もお約束!!

https://stat.ameba.jp/user_images/20110527/19/maichihciam549/3a/b8/j/t02200293_0240032011254068919.jpg

ロールケーキのような見た目なのにタルト。

 

柔らかいスポンジで餡をくるんだものになります。


 

 

 駅前に展示してある「坊ちゃん列車」

https://stat.ameba.jp/user_images/20110526/09/maichihciam549/08/08/j/t02200293_0240032011251287967.jpg

 

同じく駅前の

「からくり時計」と。

(定刻になると「坊っちゃん」の登場人物が出てくる)

https://stat.ameba.jp/user_images/20110526/10/maichihciam549/34/8a/j/t02200293_0240032011251351165.jpg

こんな感じで湯の町散策を終え…

お宿へ戻ったのでした。

 

昔の道後温泉は

湯船といえば

「道後温泉 本館」だけでした。

 

温泉客は

旅館のかたの案内で

本館のお湯に入りに来る

という

他の温泉地とは

また違った趣があったのです。

 

昭和に入り

新たにボーリングして湯量も増え

それぞれの旅館にも

内湯が設けられるようになりました。

 

宿泊は道後プリンスホテルです。

https://stat.ameba.jp/user_images/20110524/21/maichihciam549/22/37/j/t02200293_0240032011248641702.jpg

「道後温泉 本館」まで徒歩なら約7分ですが

無料のシャトルバスも出ています。

 

足湯もありました。

https://stat.ameba.jp/user_images/20110524/21/maichihciam549/de/ee/j/t02200293_0240032011248641716.jpg

タオルも置いてあるので

そのまま思いつきで利用できます。

 

朝ご飯、撮ってみました…

https://stat.ameba.jp/user_images/20110527/19/maichihciam549/6d/f2/j/t02200293_0240032011253972102.jpg

ごちそうさまでした。