上毛かるた「繭と生糸は日本一」群馬のお土産・かいこの王国チョコレートなど

 上毛かるたといえば

群馬県民にはお馴染みですね。

 

「鶴舞う形の群馬県」から伊香保温泉旅はまだ続きます。

 

群馬県と栃木県は

その昔「毛野国(けのくに)」と呼ばれていましたが

それが分かれて

それぞれ

上野国(こうづけ、かみつけ)→群馬県

下野国(しもつけ)→栃木県となりました。

 

それで今でも群馬県は

「上州」とか「上毛(じょうもう、かみつけ)」

という呼称が使われるのです。

 

「まゆと生糸は日本一」

「県都前橋 生糸(いと)の市(まち)」

「桐生は日本の機(はた)どころ」

上毛かるたでは

これでもかというほど生糸推し

 

古来より良質な桑の産地である群馬県は

奈良時代にはすでに

養蚕が行われていたという記録があります。

 

桑を餌として絹を生み出す蚕は

江戸時代頃から生糸の需要が高まりはじめ

養蚕農家で育てられるようになりました。

 

やがて

県内各地では絹市が盛んに開かれ

中山道や下仁田街道、利根川の水運を伝い

“西の西陣、東の桐生”といわれるほどに

上州の絹は全国に知られることとなるのです。

 

安政5年(1859)の開港後には

生糸は茶とともに

外貨を稼ぐ有力な輸出品として

群馬県から横浜港へと運ばれ

生糸の生産はますます盛んになり

全国の30%を生産するほどに。

 

ちなみに

「かかあ天下」とは

群馬県民の気質を表す言葉として

よく知られていますが

手先の器用さが求められる機織りは

昔から女性の仕事とされ

家事や育児ばかりでなく

現金収入のある仕事をこなし

家計を支えてきたた女性のことをさすのです。

 

収入があるため自然と

家庭内での地位も高まるようです。

 

春から夏にかけては養蚕に精を出し

秋の収穫を終えると糸挽きと機織りに専念する…

ゆえに

かかあ天下というのは

そんな働き者の女性をたたえる、という意味であって

けして群馬県の奥様は皆怖い、ということではないのです。

 

お宿の売店で買ったチョコレート。3つ入り 630円。

https://stat.ameba.jp/user_images/20140310/12/maichihciam549/fb/50/j/t02200293_0800106712870821757.jpg

開けるとショッキングなことに…

https://stat.ameba.jp/user_images/20140310/12/maichihciam549/7b/9a/j/t02200293_0800106712870821752.jpg

うわぁぁぁ…💧

みんなで気持ち悪がって食べようと思います

 

もうひとつスイートコッぺのほうは

「ネギと蒟蒻 下仁田名産」

というだけに蒟蒻を使ったお菓子。

 

気になって1つ買ってみたんだけど… 

私の求めている味じゃーなかったわ。