祝・世界遺産【富岡製糸工場】日本の近代遺産に触れてみる

明治政府の掲げた2大国策

「富国強兵・殖産興業」の一翼を担うべく

開国間もない明治5年(1872)

日本で最初の官営工場・富岡製糸場が創設されました。

 

工業化された産業施設を導入することで

近代化された諸外国への仲間入りをすることになります。

 

当時

最新鋭だった器械製糸場は

全国から集まった工女たちが

ここで技術を学びとり

各地に建設された製糸場へと送り出されたのです。

 

富岡製糸場は

全国各地にある製糸場の模範でした。

  

に!!「日本で最初の富岡製糸」

 

敷地内の建物は

東西2つの繭倉庫、操糸場(そうしじょう)など

長さ100mを超す大きなものが多く

当時は世界最大の規模を誇っていたのだとか。

 

正門からすぐは東繭倉庫。

https://stat.ameba.jp/user_images/20140312/10/maichihciam549/28/04/j/t02200293_0480064012872703017.jpg
アーチの中央には

富岡製糸場が完成した年

「明治五年」と刻まれています。

 

外壁に使用されているレンガは

日本には無かったものですが

瓦職人が作り方を教わり焼きあげたものです。

 

建築方法も

木の骨組みの間にレンガを積んでいく木骨レンガ造り。

 

レンガの外壁に日本瓦を葺いた

西洋と日本の建築が融合した珍しい外観が

なんともノスタルジックで

140年の時を経た今も訪れる人を魅了します。

 

倉庫の1階は事務所と作業場

2階は乾燥させた繭を貯蔵しておくところでした。

 

隣に建つのは

https://stat.ameba.jp/user_images/20140312/10/maichihciam549/c6/85/j/t02200293_0800106712872703009.jpg

長さ約140m

高さ約12m

幅約12m

当時世界最大規模だった操糸場。

 

500人以上の工女たちが

繭から生糸を取っていた作業場になります。

 

中は

https://stat.ameba.jp/user_images/20140312/10/maichihciam549/72/08/j/t02200293_0800106712872703007.jpg

かなりの奥行です。

https://stat.ameba.jp/user_images/20140312/10/maichihciam549/60/eb/j/t02200293_0800106712872703005.jpg

こんなに広い空間!!!なのに柱がありません。

 

ズラリと並ぶのは自動操糸機で

昭和40年以降のものだそう。

 

採光のためのガラス窓と

屋根の上には越屋根といって蒸気抜きも取り付けられています。

https://stat.ameba.jp/user_images/20140312/10/maichihciam549/19/cb/j/t02200293_0800106712872703000.jpg

こんな感じで

お仕事をしていた模様…

 

明治5年

政府は富岡製糸場で働く工女の募集を行いましたが

なにしろ日本で初めての

外国人指導者一行による工場のため

「異人に生き血を絞りとられる」!!!

当時の人々は

異人が赤いワインを飲む様子を

本気でそう思っていたみたいです

 

そこで

各府県に人数を割り当てて士族の娘などが集められました。

 

「女工哀史」」や「ああ、野麦峠」など

工場勤めは辛く厳しいイメージがありますが

それはおそらく

もう少し後世のお話なのかも???

 

1日およそ8時間労働

日曜はお休みで夜学もあったり。

 

食事に関しては

「生な魚は見たくてもありません」

「大食堂にご飯の茶碗と箸だけ持って…」

などと

信州の松代から碓氷峠を越えて

入寮した士族の娘・和田英(えい)が

「富岡日記」に残しています。

 

「生な魚」という表現が個人的には気に入ったんですが( ´艸`)

食事の内容はどうであれ

まだ始まったばかりの模範となる工場は

劣悪な環境ではなかったようで。

 

彼女もまた

松代に戻ってからは

地元の製糸場の指導者的な役割を果たしています。

 

フランス人医師が常駐していたという診療所。

https://stat.ameba.jp/user_images/20140313/11/maichihciam549/c7/a9/j/t02200293_0800106712873697347.jpg

この向かいにあるのが

https://stat.ameba.jp/user_images/20140313/11/maichihciam549/0b/bb/j/t01200160_0120016012873697349.jpg

指導者として雇われたフランス人・ポール・ブリュナが

家族とともに暮らしていた住居。

 

高床でベランダのある家は

レンガ造りの地下室が今も残っているのですが

外観のみの見学となっています。

 

雇用契約を満了したブリュナ帰国後の

明治9年からは

日本人だけでの操業となり

必ずしも

経営は黒字ばかりではなかったようですが

高品質に重点を置いた生糸は

海外でも好評だったとか。

 

 

やがて

機械製糸の普及と技術者育成という

当初の目的は果たされ

官営工場は民間に払い下げ

長らく製糸工場として活躍するも

戦後の生糸の値段の低迷などで

昭和62年(1987)3月

操業停止となり

115年間の歴史の幕を閉じたのです。

 

現在は

富岡製糸場はじめ近代養蚕農家の原型・田島弥平旧宅

養蚕教育機関であった高山社跡や蚕種貯蔵施設の荒船風穴を

構成資産として世界遺産登録の暫定リストに記載されています。

 

この6月に登録の可否が決まるそうです。→世界遺産に登録されました。

 

見学予約、料金などこちらから。

www.tomioka-silk.jp