伊勢神宮と日本人とお米の関係は。

伊勢神宮についての続編です。

初回はこちら

 

 

さてさて。

 

豊受大神宮(外宮)の参拝をすませば

次は

皇大神宮(内宮)です。

 

お伊勢さんと呼んだり

神宮と言ったり

内宮とか皇大神宮とか

ややこしいですね(^^;

 

 

内宮は

あらゆる生命を育む太陽にも例えられる

天照大御神がご祭神であり

三種の神器の1つ

八咫鏡(やたのかがみ)が御神体となっています。

 

前述のとおり

もとは宮中にお祀りされていたのが

倭姫命により

日本の各地を巡った末

2000余年前

五十鈴川のほとりに

ご鎮座されたのでした。

 

 

内宮へは

遷宮より4年早く

架け替えられた宇治橋から。

1463956514990

私も陰ながら出演(笑)

 

戦後最初の式年遷宮

昭和24(1949)年でしたが

宇治橋の架け替えだけにとどめ

世情に配慮して延期。

 

昭和28年

遷宮

 

以来

宇治橋とは4年遅れたままの

式年遷宮となっています。

 

 

 

 

神話によれば

天孫降臨」といって

天照大御神の孫である瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が

地上に降り立つ際

大御神が三種の神器を授け

「この鏡を私だと思って祀りなさい」

さらには

「これを日本人の主食にするように」

稲穂を託され

稲作が広まったといいます。

 

 

古事記

日本の国は「瑞穂の国」と

書かれているのは

水に恵まれ

稲穂が立派に実る国という意味だそうで

地上にもたらされた稲は

神様からの授かりものなのです。

 

 

神宮には

年間1500ものお祭りがあるそうですが

その多くが稲に関するものだとか。

 

最も重要なお祭りは

10月の神嘗祭(かんなめさい)で

伊勢の大祭りともいい

戦前までは

国民の祝日でした。

 

祭器具などを新しく調え

神様のお力が

ますます高まることを願い

天皇陛下が育てられた稲をはじめ

全国から奉納された稲の束(懸税…かけちから)

つまり

初穂を神様に捧げて

収穫の報告と感謝をするお祭りです。

 

 

20年に1度

社殿の造営や

神様が使われる身の回りの品々(御装束と神宝)までも

新しくするのは大神嘗祭

 

よく知られる

式年遷宮」または「ご遷宮」として

平成25(2013)年に行われたのは

記憶に新しいところ。

 

両正宮や別宮を含む125のお社すべてが

一新されるのです。

 

 

ちなみに

神様と天皇陛下

共に新穀を召し上がる新嘗祭(にいなめさい)は

現在

11月23日の勤労感謝の日として

祝日を引き継いでおり

昔から

新嘗祭が済むまでは

神宮の神職

伊勢の神領民は

新米を口にしないということです。

 

「稲」は

「命の根」が語源だということを知ると

感謝をせずにはいられません。

 

 

宇治橋を渡り終え

1463954927119

神苑の玉砂利を踏みつつ…

 

 

 

いすゞ自動車

社名の起こりにもなった

五十鈴川の御手洗場。

1463954949157

石畳は

徳川綱吉の生母・桂昌院(けいしょういん)の

寄進によるもの。

 

紅葉の頃は

川面に赤や黄色が映えて

美しいのです。

 

お天気が良ければ

ぜひ川の水で禊をしていただきたいところ。

 

 

ところで

画像は

3~4年前くらいから

撮ったものを

使用してますので

季節感はバラバラです(笑)

 

 

 

石畳から森へ入ると

「滝祭神(たきまつりのかみ)」

またの名を

「とりつぎさん」といわれるのは

1463954993512

内宮参拝前に

自身の名前と

「今から参ります」とのことを告げるため。