台湾♡行ってきました②

ホテルでの朝食を済ませ

通りすがりの

台湾有数の港町・基隆(きーるん)。

川沿いに

細長く開けた土地は

天然の良港として

また

日本統治時代は

軍港としても利用され

現在は

台湾での重要な貿易港であり

海軍の軍艦が見られるところです。

沖縄とは

フェリーで

つながってるんだってさ。

 

目的地の仇分

(きゅうふん)までの

通過地点でした。

 

開墾した土地を9人で分けたのが

街の名の由来という仇分は

日本統治時代に

金鉱で栄えた街。

 

鉱脈が尽きてさびれるも

映画・悲情城市の舞台となって

脚光を浴びました。←見てないし^^;

 

 

狭い路地に

ひしめき合う店は

土産物店や茶葉を売る茶藝館など。

 

食べ歩きでも、と

考えていたのですが

案内人の話では

「衛生的でないので店を選ばないと。

中国大陸からのものが多い。」

ということで

目的のお店までは

雰囲気を楽しむことに…

 

坂を登ったり

階段を降りたり。

 

さまざまな

食べ物の匂いが充満した商店街を

歩きながら…

 

見つけたわよ?«٩(´∀`)۶»

人気の茶藝館・阿妹茶樓(あめちゃろう)♡

 

非情城市のロケにも

使用されたそうですが

日本では

千と千尋の神隠し」の

湯屋のモデルの1つとして

知る人も多く

赤い提灯と木枠の窓

入口の大きなお面が

なんとも印象的。

 

 

夜はまた

雰囲気あるよねーーー(´艸`)

※写真はイメージです(笑)

 

街そのものも

宮崎氏が

参考にされたのだとかで。

 

 

ここへ来たら

階段に向かって

写真を撮るのがお約束。

 

台湾では

お茶の栽培が盛んで

種類も多く

国民も

よくお茶を楽しみます。

 

運良く

待たずに入れたので

お茶を頂いてきました。

 

日本語堪能な(優しそうで声が綺麗でイケメンな笑)

店員さんが

説明しながら

小さな急須に

溢れるほどのお湯を注いで

さらに

全ての器へ

お湯をかけて温めて

茶葉とお湯を急須に入れたら

蓋をして。

 

蓋の上からも

お湯をかけて(。´・ω・)?

 

急須のお茶を

白いポット状のものへ注ぎ

さらにそこから

小さな円筒状の湯飲みに注いだと思ったら

上から広口の湯呑みを被せ

こぼれないように上下を返して

円筒状の湯呑みを引き上げる!!!?

…という

謎の一連の動作を

見せてくれました。

 

何を書いているのか

分からなくなりますが

おいしいお茶を入れるために

欠かせない動作なのでしょう。

「最初はお茶の香りを楽しむね。

同じ葉で4~5杯飲めます。」

と言って

次の客人のところへ

行ってしまわれた(´・ω・`)ショボーン

 

雨が多いという台湾なのに

初夏のような陽気と青空♫

 

メニューを見せられても

漢字だらけで分からないので

お菓子付きでという希望を伝え

(イケメン)店員さんのお勧めを

選んでいただいたら

高山烏龍茶とかいう

日本で売られているものとは

色も香りも違うもので

あまり発酵されておらず

飲みやすかったです。

 

緑色の落雁

おいしくって

お土産として買って帰りました。

 

素敵なお店でした。