おうちご飯と ときどき旅と

気になることだけを気にしてたところまで取り上げました

【古宇利大橋】で渡れる恋の島【古宇利島】【沖縄】

海も綺麗だけど

等間隔に建てられた橋脚や

海面からの路面の盛り上がりだとか

橋の直線の美しさだとか あなたには分からないでしょうね

美らテラスからの古宇利大橋の美しさを褒めたたえて

古宇利島へ。

 

橋を渡りながら思うのは

海の透明度が高すぎて綺麗なことこの上なく

青にもいろんな青があるんだなってことと

レンタカーしか走ってないな、とか。

 

古宇利島では古宇利島オーシャンタワーを見学することに。

 

義父母は行かないっていうから2人分で1600円也。

 


写真を撮っている間に気が変わったのか
結局4人で入場したのは
山の上にあるタワーまでは徒歩ではなく
カートに乗せてってもらえるのが分かったから。

高齢者にも優しかった♡

 

自動運転のカートの乗って

はい到着。

 

中に入ると貝殻の博物館。

貝殻だけなのに

なんだかすごい。

世界中から集めた貝殻およそ1万点。

↓これなんか陶器じゃない?笑

ウミウサギって名前付いてるけど^^;

焼き物とかで作れそうな?釉薬で仕上げてさ笑

 

これはそのまんまハート貝♡

ちなみに古宇利島のビーチでは

貝がピースをしているかのようなピース貝と呼ばれるキイロイガレイシが

打ち上げられることがあり

見つけると幸せになれるとかなれないとか?

 

エレベーターと階段で海抜82mの展望台へ。

橋はやっぱり綺麗!!

心が洗われるわぁ♡

 

…すぐ汚れるんですがね?

 

ひとしきり景色を楽しんで下に降りると

古宇利島の解説がありました。

沖縄でも屈指の透明度を誇る

周囲8kmほどの小さな島は

車で10分あれば1周できるほど。

 

沖縄版アダムとイブの伝説の島らしく

古宇利島に降りたった2人が

魚や貝を取って暮らし

子孫が増え

やがて琉球人の祖とされるようになったと。

 

古来から神事が盛んな島でもあるようです。

この日は気温が12度と寒かったけど

春分あたりから5月の梅雨に入るまでを「うりずん」といって

花が咲いて気候が良くて過ごしやすいよう。

 

うりずんを過ぎれば

9月あたりまでは台風シーズンなので

それ以外なら

いつでも美しい海が見られるとのこと。

 

ビーチがあって

シュノーケリングなど楽しめて

カフェや宿泊施設も整って。

 

のんびり過ごしたい人におすすめの島ですね♡…続く