世界遺産・識名園は中国的な趣きのある庭園でした

日常的に

早起きな私たち。

 

最終日も

朝からぼんやりではもったいない、と

どこか観光してから義父母と合流して

揃って「おきなわワールド」見学後

レンタカーを返却→空港送迎してもらい

親族と合流して帰路につく…

というプランを立て行動することに。

 

朝が遅い義父母と合流するのは

お昼前くらいだろうと予想すると

そう遠くへも行けないので

やちむん通り」かな?と思ったけど

道路標識で目に付く「識名園」に決定!!!

 

&到着!!!

大人@400円なり。

 

駐車場無料だし

通りから見ると寂れてる感で不安ですが

あとからあとから団体さんがやってきて。

 

9時開園と同時に到着した私たちが

早かっただけでしたε-(´∀`*)ホッ

 

日本庭園は

これまでも見てきましたが

中国の様式が加わっているというのは

興味が湧きます。

 

国王一家が出入りした正門を

敷地内から見た様子。

手前には通用門と番屋があり

身分の違いをうかがわせます。

 

本州では当然見慣れない

琉球石灰岩を敷き詰めた散策路。

日本庭園に有りがちな盆栽的な植木は無く

木の茂り具合も南国的です。

 

 

琉球王家最大の別邸は

国王一家の保養や

外国からの使いの接待に利用された場で

18世紀末に造られたそう。

1941(昭和16)年には国の名勝に指定されています。

 

ちなみに私…

パンフレットと同じ場所を探して撮影するのが好きです♡

 

アーチ状の橋もまた

日本庭園には無い中国風。

 

 

御殿と書いて"うどぅん"と読む建物に潜入。

部屋数も多くて

天守閣とともにお城を形成している本丸御殿とか二の丸御殿とか

そんな感じに近いかな?

先の大戦

壊滅的な被害を受け

近年ようやく

本来の姿を取り戻したとあって

比較的新しく感じられます。

 

台所と書いて

ぐでーじゅ!!

 

沖縄の言葉…

まったく読めん( `・ω・) ウーム…

 

かまども複数ありました。

 

ご馳走いっぱい作ってたんだろうなー?

 

どんなお料理だったのかしらん(^^)

 

表紙と同じ場所発見♡

ちょっと陽の当たり具合が違うか^^;

 

六角堂って

仏像でも祀ってそうな名前だけど

どうやら後世になって設けられた

東屋のようなものみたいです。

 

そして

なんと!

渡った石橋は

1つの石から造られたものでした。

 

池泉回遊式庭園なので

池に沿って歩いてゆくと

船揚場(ふなあげば)。

舟遊びを楽しむ王家の人々。

 

雅なことです。

 

 

順序案内では

この細くて不揃いな石段を上る。

こういうところが

日本庭園には無いアバウトさかな?

 

 

 

見晴らしの良い所に出ました。

勧耕台(かんこうだい)です。

 

綺麗に耕された畑が見下ろせたらしく

海が見えない大陸的な風景があるところから

中国に対して

琉球は小さな国ではない、ということを

アピールするための場であったとか。

 

バナナも育ててたの???(º ロ º๑)

 

 

 

 

 

沖縄県の木でもあるデイゴとか。

見上げるほどの

大きな木です。

 

 

 

 

思ったより

広い園内で

一番乗りもできて

ゆっくり楽しむことができました。

 

外の売店では

ブルーシールのアイスクリーム🎶

前日の

国際通りでは

寒すぎてたべれなかったので…

 

だらりんと2人で

2種類をシェア(〃ノωノ)♥

沖縄らしく紅芋と

もう一つはキャラメル味。

 

食べ終わったのを見ていたかのように

義父母から連絡が入り

国際通りまで迎えに行ったのでした。