伝統的な沖縄の古民家を見て!!触れて!!~おきなわワールド~

「玉泉洞」を見て

「熱帯フルーツ園」を抜けて

必ず通る「ガラス工房」では

琉球ガラスの体験ができるみたいだけど

特に用はないのでパスww

 

一番見てみたかった

古民家の集まる「琉球王国城下町」へ♡

 

民家の上には魔よけのシーサーが( *´艸`)

 

1つ1つ表情が違ってて面白い。

沖縄って感じーーーーーーヾ(≧▽≦)ノ

 

 

沖縄の民家は

屋根が低く塀が高いのが特徴で

台風が多いことから

屋根と塀を工夫することで

家に当たる風を少なくしています。

園内最大級の民家「上江洲(うえず)家」

 

中から三線の音が聞こえます。

 

どうやらレッスンが受けられるみたい。

 

この家は

久米島にある重文指定の上江洲家を

再現したものとありました。

 

入口には表札のような「石敢當(いしがんとう)」

私も陰ながら出演です笑

これまた魔よけの類だそうで…

 

沖縄には

不思議なものがたくさんあるねー(´・ω・`)?

 

石垣を抜けると

とっても開放的な家!!!

外から中の様子がよく見えるのです。

もう7割くらい。

 

それだけに

自然とご近所付き合いも

親密になるんだそう。

 

そして

玄関がない…というか

縁側全てが玄関。

 

どこからでもかかってこい、ということかwww

 

 

開発などで消えてしまいそうな建物を

保護する目的を持つ

登録有形文化財」のプレートを掲げている

築100年以上の家々。

この緑のヤツね↑

 

ここで守ってもらえて良かったね!!

 

 

 

県北部の一部の島で見られる

テーブル珊瑚を積んだ石垣を持つ家。

 

何年もかけて採取しないと完成しないんだって。

 

民家の間の小道とか

生垣に咲く花にも南国らしさが漂います。

 

 

 

古民家では他

藍染めや紙すき、機織りなどが体験できる模様。

 

沖縄でよく見るガジュマルの木。

枝なんだか根っこなんだか???

 

 

 

お天気はもう一つだったけど

明るい雰囲気一杯の古民家は

快適そうな空間でした。