これぞトロッコらしいトロッコ!?鉱山跡を走る小さな旅 熊野市・紀和町

早めに到着した筆者たち。

 

トロッコ乗り場の駐車場は無料です。

 

まだ誰もいないホームに

止められたままのトロッコには

かつての荷台は無いけれど

かわいらしい小さな作業員用の人車が連結されてました。

大型犬のハウスみたいな?

 

紀和町一帯の地下には

かつて金や銀、銅を産出する豊かな鉱脈があり

1200年以上昔の奈良時代

当時は「無漏郡むろぐん(現・牟呂郡)」として

「続日本紀しょくにほんぎ」には銀を献上したことが記されています。

 

やがて

銅が採れるようになると奈良・東大寺の大仏鋳造にも

多くの銅が提供されました。

 

江戸時代には

この地で採れた金は

慶長小判や日光東照宮などにも利用され

海外へも通貨などの材料として輸出を行ったということです。

 

紀和町周辺の鉱山は30か所を数え

番所や役場などが建てられ

遺跡となり当時の繁栄をうかがい知ることができるのです。

 

昭和9年には

「石原産業株式会社」が

その地下資源の開発に着手し

戦時中は重要鉱山の指定を受け軍需産業を担い

昭和53年の閉山を迎えるまで

年間2000t以上の銅を産出

昭和38年の最盛期には3015t、従業員数862人

日本国内で6~7位を誇る鉱山となっていたのでした。

 

鉱脈の枯れた現在は

レールの一部を利用して

入鹿温泉とは3km、10分ほど先にある湯ノ口温泉とを結ぶ

観光用のトロッコとして

温泉客などに親しまれているのです。

 

運転席も

誰もいないから

角度を変えて撮り放題♡

 

待合室にある窓口で

切符となる「湯めぐり手形」を見せ ※当日窓口購入可

私たちの他に1人の計3人が乗車するのみ。

 

ホームに移動すると

乗務員さんが「乗ってー。」と言い

遠慮がちにしていると

「自動扉ちゃうから待ってても開かへんよ。」と( *´艸`)

 

腰をかがめて乗車したらセルフで扉をガタガタ閉めて

暑いので

同じく引き戸になっている小窓をガタガタ開けて…

きっと

小ぢんまりとした車内では

鉱山で働く人々が押し詰められ

『今日も仕事か~』と持ち場へ向かったのでしょう。

先頭車両に乗ることが出来ました。

 

ちなみに

現在のホームがあったところ

昭和60年ごろの写真が待合室にありました。

 

トロッコは乗車時と同じ向きで

後ろにトンネルがあるのも同じです。

そして

昭和30年ごろも

ほぼ同じ角度からの写真がありました。

今は森になっているあたり

鉱山関係の建物が存在していた模様…

 

 

窓を開けているので

トンネルの中の少しひんやりした空気に触れ

小刻みの振動を体感し

走る音が大きいので会話もそこそこに

トロッコの乗り心地を楽しみつつ

レールの分岐点を見つけては

町内を縦横に走っていた当時を想像し

あっという間に湯ノ口温泉到着。

川の上に設けられたホーム。

 

上の写真のすぐ左が廃線となっているトンネルで

奥から冷涼な空気が吹き出してエアコン要らずです。

 

3mほどトンネル内に入れたので涼んでみたのですが

天井から水が時折滴り落ちるのが嫌で

長居はしませんでした。

 

瀞峡と世界遺産熊野古道 丸山千枚田 赤木城跡の宿 入鹿温泉ホテル瀞流荘 源泉掛け流し 湯治場 湯ノ口温泉 湯ノ口温泉紹介

湯ノ口温泉は

紀和町にある日帰り入浴施設と湯治施設を併せ持つ温泉で

「湯めぐり手形」で入浴できるのですが

この日の予定にそんな余裕もなく

折り返しの便の出発が9時30分なので

しばらくそこで過ごすことに。

 

川沿いには

湯治客の宿泊施設がいくつか連なり

洗濯物が干されていたりで

ここで生活されているのが分かりました。

 

下は昭和14年の写真で

左にトロッコが入鹿温泉向きに川の上に置かれ

中央の支線には湯ノ口温泉に入って来るトロッコが確認できます。

現在

その支線は取り払われ

ホームと入鹿温泉を結ぶレールのみとなっています。

 

川沿いを歩いて橋の中央からホームに向かってパチリ。

左は湯治客用の宿泊棟です。

 

トロッコと温泉以外何もないところでしたが

適度に待ち時間を過ごすことができ

折り返しの便に乗り

再び入鹿温泉へ戻っていったのでした。

 

時計は9時40分。

 

10時発・瀞峡巡りの乗船場へ移動せねば!!

 

                        次回に続く