おうちご飯と ときどき旅と

気になることだけを気にしてたところまで取り上げました

米空母や海自イージス艦!軍港巡りは知れば知るほど好きになる!!横須賀にて。

大型連休に入り

各地の空港は出国ラッシュ。

 

緊迫している情勢であろう韓国が

連休中の人気の行き先という

信じ難いニュースを読みましたΣ(・ω・ノ)ノ

 

先日

横須賀の「軍港めぐり」の予約を入れてから

1番の目玉である空母ロナルド・レーガンが

もしかしたら半島向けて

出港するんじゃないかと案じていましたが

ちゃんと停泊してくれていましたよ(´罒`)♡

 

ということで

今回は横須賀の話題になります。

 

三浦半島の大部分を占める横須賀市は

東京湾の入口に位置するため

江戸時代から

国防の拠点とされてきましたが

明治に入ると

大日本帝国の横須賀鎮守府が置かれ

軍港として発達してきました。

 

そういった背景から

現在は

米海軍や陸海自衛隊の基地や病院

防衛大学などが横須賀市内にあるというのが

他の地域と異なるところ。

 

呉市の海上自衛隊の記事に続く?

基地シリーズです。

 

空模様は冴えない日でしたが

受け付けで予約した名前を告げて

チケットを購入。

 

f:id:sachi0801aki:20200921093345j:plain 1400円でした。

 

船に空きがあれば当日券も購入できますが

人気が高いため予約をしたほうが確実です。

 

乗船の際

双眼鏡のレンタル(100円)ありました。

 

この日は風が冷たかったので

甲板に出るのはやめて

船内の左後部窓際の席を確保。

 

 

 

艦船のことを全く分からなくても

案内人の解説があるので興味を持てます。

 

とはいえ

「軍港めぐり」の船は民間の会社なので

艦船の入出港の情報などは教えてもらえず

運航会社は

その時々に見えるものを紹介していくので

毎回同じではありません。

 

汐入ターミナルを出航して

航空母艦専用埠頭を右に

さっそく自衛隊の潜水艦。

 

船内から手を降ったら

振り返してくださるサービスぶり(*´艸`)

…遠いけどね💦

 

呉基地でも

潜水艦の上に数名が起立してたけど

よく見ると

ちゃんと足裏接地面は平面なんですね?

 

丸いのかと思ってたド素人です^^;

 

そして

「今日は運が良い」と

カメラの準備を指示して下さる案内人。

 

183と書かれているのは

海自最大の艦艇「いずも」!

 

海自では保有できないけど

まるで空母な見た目のそれは

全長は都庁より長い248m

最大幅38m 高さ49m

最大時速30ノット(55km/h)

 

テニスコート30面分の広い甲板では

ヘリ5機が同時発着できるほか

米海兵隊の新型輸送機オスプレイの搭載も可能。

 

大規模災害などの際に使用する手術室や

1000人以上の被災者らを

避難させることができる格納庫あり。

 

熊本地震では

自衛隊員の輸送に活躍していました。

 

1200億円の建造費で

2015年3月25日より就役しています。

 

いきなりこんな巨大なの見せられて

テンション上がりまくりーーー♡

 

かっこよすぎるやろーーー・::・(´艸`)ウットリ・::・

 

高性能20ミリ機関砲2基搭載とのこと。

 

 

そして左は

かつての横須賀鎮守府で

現在は横須賀地方総監部というところを過ぎ

吉倉桟橋。

 

桟橋には10隻以上の護衛艦が係留できるらしく

この日は174の「きりしま」が!!

1995年3月から横須賀に配備されている

イージスシステム搭載ミサイル護衛艦で

全長161m 幅21m

30ノット

 

スマトラ島沖地震の際は

タイに派遣されてます。

 

右に米軍の54「カーティス・ウィルバー」

 

ロナルド・レーガンと共に

東北の震災ではトモダチ作戦で日本を支援♡

軍港めぐりではよく

「右側に座ると良い」とか

「左側に限る」なんてことも言われるようですが

この日は

右に左に見えるポイントがあって

不公平感はありませんでした。

 

いよいよ

お待ちかねの原子力空母ロナルド・レーガンが右に。 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

「今日のコースでは今しか見れません。」

「これ以上近づけません。」とのことで

思い切って船尾に出て撮影してみました笑

 

元大統領に因んで名付けられた空母は「76」

 

東京タワーをそのまま横にしたのと同じ全長333m。

 

5000億円の建造費で

85機の艦載機と6000人の乗員を抱える

世界最大の航空母艦。

 

甲板の下が

格納庫と居住空間となっています。

 

搭載されている2基の原子炉で

燃料補給無しで

20年間海上を航行できるとか。

 

船の上がひとつの街…いや

街以上のものが揃っているとのこと。

 

ジムにコンビニ、郵便局やごみ処理施設

食堂に床屋さん、教会などなど。

 

もちろん

1番の目的は軍用機の飛行場なのですが。

 

海に浮かぶ空母の利点は

国際海域を自由に行き来し

地球上のどこであれ

問題の起きている場所へ赴くことができること。

 

そして臨時の基地となるのです。

 

甲板の面積は18200㎡。

 

乗員たちの制服は

例えば黄色は飛行機の誘導

緑はカタパルトとアレスティングワイヤの操作

紫は艦載機の燃料補給というふうに

確実に安全にこなせるよう

単純にできる作業を色分けしてあるんだとか。

 

そうすることで

事故の削減になるんだそう。

 

ところで

横須賀に来ると

アメリカ兵が

民間のレストランで食事をしていたり

買い物をしていたり、というのは

日常的だそうで

ドルが使えるお店もあるそうです。

 

海外旅行で

ドルが余ったら横須賀でも使えますよ、と

いうことでした♡

 

 

次回に続く…