おうちご飯と ときどき旅と

気になることだけを気にしてたところまで取り上げました

日本最古じゃなかった!!【丸岡城】【桜の名所100選】【霞ヶ城公園】と【一筆啓上】

かつて
織田信長が越前における一向一揆を平定するため
家臣の柴田勝家率いる軍を丸岡にあった「豊原寺とよはらじ」へ送り攻略しました。

越前の国を与えられ「北ノ庄城」を築城した勝家は
福井藩の出城として甥の柴田勝豊に丸岡城を築かせたのが1576年。

 

関ケ原の合戦後

越前の国には徳川家康の次男・結城秀康が「北ノ庄城」改め「福井城」に入城したのち

「丸岡城」には江戸幕府の附家老・本多成重が4万3千石で入城しています。

 

「丸岡城」は

これまで「日本最古の天守閣」とうたわれてきましたが

築城は

北の庄城主・柴田勝家の甥の勝豊によって1576年とするものと

初代丸岡藩主・本多成重が入城した1613年とする2つの説があったのです。

 

お城の国宝登録を目指した坂井市が専門家に委託して

天守の柱などの部材の年輪や放射性炭素濃度

酸素同位体比を調査していたそうで

その結果

多くは江戸時代の寛永年間1624~44年に伐採されたことが判明したそう。

f:id:sachi0801aki:20200918123236j:plain

天守台の石垣が

自然石をそのまま積んだ野面のづら積みという古い工法なので

天守も当初のまま、あるいは前身となる天守から改修した可能性も

信じたいところですが

天守の構造に重要な役割を持つ通し柱が

1626年以降に伐採されたという判定が出てしまい

江戸時代に新たに建てられたとするのが正解に。

 

ちなみに
1600年代以前に建造された現存天守は
1590年代の築城とされる「松本城乾いぬい小天守」のみで
1601年の「犬山城」1606年の「彦根城」と続きます。

 

天守へ続く長い直線の石段が

どこかの国の遺跡を思わせるような印象…?

f:id:sachi0801aki:20200918123442j:plain

よく見ると5段上って踊り場となり

そこから直角に曲がっていたのでした。

 

天守閣は外観は2層に見えて内部は3層に分かれる2層3階建てになります。

 

踊り場には大小のしゃちほこ。

f:id:sachi0801aki:20200920203540j:plain

落下し分割されてしまったものの

これもまた遺跡にありそうで新鮮に見え

どことなく愛嬌のある姿です。

 

本来の木彫り銅板張りのしゃちほこが

戦時中に金属として回収されたしまったため

屋根瓦と同じ笏谷石しゃくだにいしで作成するも

1948昭和23年の福井大震災で落下したためここに展示し

今は復元した木彫り銅板製しゃちほこが乗っているとあります。

 

前述した笏谷石です。

f:id:sachi0801aki:20200918123608j:plain

福井県の福井市にある足羽山あすわやまでしか取れず

柔らかいため加工しやすく

青みを帯びた色合いは水に濡れると鮮やかさが増すのが特徴です。

 

石で葺かれている屋根というのは大変珍しく

瓦は1枚当たり20∼50㎏となっており

総数およそ6000枚の瓦は120tに及ぶとか。

 

天守入り口から右にある階段を横から見上げると

1階と2階の階段が一か所から見えるのも珍しいそう。

f:id:sachi0801aki:20200918123724j:plain

 人が映り込んだ残念な写真ですが2階の階段が少し見えますよね。

 

築城当初は五角形のお堀の中に位置した本丸は

外側をぐるりと侍屋敷で囲み

さらに川の水も取り込んだ堀で寺院や民家をまとめていたというジオラマ。

f:id:sachi0801aki:20200918123823j:plain

 ロープを掴んで急こう配の階段を上がって

がらーんとした中に2階の造りの説明。

f:id:sachi0801aki:20200918124243j:plain

窓からは破風はふから下げられている懸魚げぎょがみえます。

f:id:sachi0801aki:20200920203704j:plain

しゃちほこと同様に

火除けのために水に縁のある魚を懸けたまじないが由来らしく

屋根の妻の部分を隠すための装飾も兼ね

ひれや水の流れがデザインされているようです。

f:id:sachi0801aki:20200920203834j:plain

3階へ上がるには

壁のすぐ近くに設けられている67度の勾配の階段 を。踏み外しても挟まりそうな?

 

ちなみに1階から2階へは65度

もっと怖いかと思っていたけどロープを使って意外と簡単に登れました。

 

勾配はかなりきついですが

階段の裏側には板が張られているので

スカートでも人目を気にせず登れると思います、たぶん。後ろ姿は知らんけど

f:id:sachi0801aki:20200918124122j:plain

これまたがらんとした空間。

 

f:id:sachi0801aki:20200920203943j:plain

3階は下層と形が異なり

物見櫓が乗せてあるような廻り縁えんのある

望楼型という初期の天守に多いタイプになります。

 

もう一度外観を見て確認してみましょう。ほら。

f:id:sachi0801aki:20200918124404j:plain

欄干の内側が廻り縁です。

 

 

丸岡の町並みと笏谷石の屋根瓦がすぐ下に。

f:id:sachi0801aki:20200918124518j:plain

さて

江戸時代に入って「丸岡城」の初代・本多成重

父は本多重次といって家康に仕えた人ですが

気性が荒く「鬼作左」と呼ばれるも正しい人柄であったといいます。

 

長篠の戦の陣中からは家族を思い

送った手紙の内容が

「一筆啓上火の用心 お仙泣かすな馬肥せ」というもの。焼肉焼いても家焼くな

 

お仙とはのちの成重のことで

火の元の注意と仙千代が病気にならないように

戦で大切な馬の世話も怠らないように、といった意になろうかと思われます。

 

僅か17文字の中に

無駄なく簡潔に気遣い用件を伝えている手紙の手本として

今に語り継がれる有名なもので

丸岡町ではこの手紙をモチーフに

「一筆啓上賞」という全国初の手紙のコンクールを毎年開催しています。

 

2015平成27年には「一筆啓上 日本一短い手紙の館」がオープンし

f:id:sachi0801aki:20200918124708j:plain

これまでに寄せられた手紙を展示し

活字やメールでは伝わらない本物の手紙の復権を目指しているとのこと。

f:id:sachi0801aki:20200918124816j:plain

 ユニークな着眼点を持った子供の作品や

じーんと心に響くようなものまでさまざまな手紙があるのです。

 

お城と歴史民俗資料館との共通券(450円)になっているので

必ず行くべし!!

 

4月1日からはお城一帯の「霞ヶ城公園」で

丸岡城桜まつりも開催され

300本ものソメイヨシノに包まれるさまは

丸岡城の別名「霞ヶ城」そのものとか。

www.maruoka-kanko.org

つぼみはまだ固かったです。

f:id:sachi0801aki:20200920204141j:plain

勝豊が築城する際

石垣に人柱を募ったところ

我が子を侍にしてくれるなら、とお静が名乗りを上げ

お城は無事完成するも侍にしてもらえなかったことを恨み

春先に降る雨を「お静の涙雨」と呼び慰霊碑を建てたのが上の写真。

 

桜まつりは晴れてほしいですね。