おうちご飯と ときどき旅と

気になることだけを気にしてたところまで取り上げました

日本神話からの案内役【猿田彦神社】ここへ参れば迷いは解決!?

「猿田彦神社」です。

※写真以外は猿田彦神社のリーフレットの文章です。なんと潔い

Google マップ

f:id:sachi0801aki:20210215074653j:plain

ものごとの最初に現れ

万事良い方へ”おみちびき”になる猿田彦大神。

 

建築、方位除け、災難除け、開運、事業発展、五穀豊穣

大漁満足、家内安全、交通安全、海上安全など

古来より多くの御神徳で知られます。

 

天照大御神の御孫である瓊瓊杵尊ににぎのみこと

降臨される際に高千穂の峯に導かれ

その後 

本拠の地である伊勢の五十鈴川の川上に戻られ

広く国土を開拓指導されました。

 

また

垂仁天皇の御代に皇女・倭姫命が

神宮を鎮め祀る場所を求めて

諸国を巡幸された折

宮司・宇治土公うじとこ家の祖先であり

猿田彦大神の末裔である太田命おおたのみことがお迎えし

五十鈴川の川上の地を献し

神宮が創建されました。

f:id:sachi0801aki:20210215080029j:plain

御本殿は

二重破風の妻入り造りで

「さだひこ造り」ともいいます。

 

(左隣の)社務所では

清砂、はじめの一歩御守、が授与されます。

・清砂は土地の四隅や出入り口に撒き災いのもとを祓い清めます。

・はじめの一歩御守は新しい物事を始める時、大切な第一歩を良い方に導きます。

 

猿田彦神社境内には

「佐留女さるめ神社」が本殿と向き合います。

 

御祭神は

天宇受売命あめのうずめのみこと

俳優わざおぎ、神楽、芸能、鎮魂の祖神として仰がれ

女性の守り神、また縁結びの神様として信仰を集めてきました。

 

天照大御神が天岩窟に籠られた際に、

八百万の神々の前で神楽をされ

大御神が再び現れて平和な世となりました。

 

また

天孫降臨に際し

御一行を迎えられた猿田彦大神と最初に対面し

高千穂の峯に至る道を開かれ、

その後

猿田彦大神とご一緒にこの地に来られました。

 

 

 

境内の拝殿正面の中央に

方角を刻んだ八角の石柱があります。

f:id:sachi0801aki:20210215080009j:plainこれは御神殿跡を示す方位石で

昭和11年にお社が遷されるまで

大神様がお祀りされていた神聖な場所です。

 

方位を司り、みちひらきされる大神様の

御神徳をお受けください。

 

なお

本殿の堅魚木、欄干、

大鳥居や手水舎の柱、釣り灯籠など

境内には八角形のものが多くあります。八角形だけじゃないよね

f:id:sachi0801aki:20210215081913j:plain

f:id:sachi0801aki:20210215081900j:plain

 

 

「御田祭みたさい 通称おみた」県無形重要文化財

毎年5月5日には豊作大漁を祈る「御田祭」が行われる。

f:id:sachi0801aki:20210215082235j:plain

桃山時代風の民族衣装をつけた植方が

囃方の田楽に合わせて早苗を植え

その後はその年の豊作大漁を占う。

 

団扇うちわ角力すもう神事や豊年踊で賑わう。

団扇角力とは田植えのあと

恵比寿と大黒が描かれた2つの大団扇で

豊作か大漁か占うもので

植方2人がそれぞれの大団扇を上下に扇いで

相撲の勝負を表現。

恵比寿が勝つと大漁、大黒が勝てば豊作の年になるとされる。

 

神田の稲は8月下旬に収穫され

猿田彦大神に毎朝供える神饌となる。

また11月23日に同神社で行われる新嘗祭に奉納される。

f:id:sachi0801aki:20210215083220j:plain