ほぼ旅かなり旅ぜんぶ旅手帳

気になることだけを気にしてたところまで取り上げました

平成令和の赤福・白餅黒餅がまだ売り切れてなかったので買ってきたというだけの話

伊勢の名物として知られる赤福。

 

近頃は「白餅黒餅」という商品が出ているのですね^^

 

桃色に神宮の鳥居と宇治橋が描かれた包装紙は

一目で赤福と分かるくらい馴染みのあるものでしたが

こちらは白地に黄金色に輝く稲穂と雲がたなびいています。

「第27回全国菓子大博覧会・三重(お伊勢さん菓子博2017)」で

期間限定販売されていた「白い赤福餅」と

創業から明治までの味である黒糖餡の「復刻版赤福餅」が元になっています。

 

菓子博では

ほか通常の赤福と緑餡の計4種類を2個づつ詰め合わせたものが販売され

当時、欲しくても買えなかった人が多かったとか。

 

閉幕後は多くの要望があったらしく商品化されていました^^

 

8個入りで1000円とは通常の赤福より少し高めのお値段かな?

白色は博覧会では白小豆しろしょうず100%だったそうですが

こちらはインゲンの手亡豆てぼうまめを加えているらしく

費用対効果もふまえているのでしょう。

 

賞味期限は購入日から3日間とのことでした。※夏場は2日間のようです

 

さっそく木べらで小皿へ盛りつけると

とても残念な感じの見た目に…^^;

綺麗に盛り付けるには

小皿持参で販売してもらうか

赤福を成形する腕を磨くかのどちらか^^;

 

黒餅からいただいてみると

柔らかいお餅に黒糖のコクがまとわりついて

最初は良いけど徐々にくどさが気になります?

 

黒糖の風味が好きならまた食べたい!となるでしょうね^^

 

白餅はあっさりとして食べやすく

イチゴがあったらもっとおいしいなぁ、と感じました。白餅の意味

 

黒餅のあと白餅を食べることで

後味が残らず締めくくれるように思います。

 

味を知ることができたという面では大満足ですが

味に対しての満足度はそれほど高くなく…言っちゃった

私にはいつもの赤福が一番だと再確認しました。

 

本店で購入してきたのですが

下記でも店頭販売しています。

内宮前支店、五十鈴川店、外宮前店、二見支店、伊勢夫婦岩めおと横丁店、宇治山田駅売店、伊勢市駅売店

赤福ホームページより

 

赤福オンラインショップでの購入は

賞味期限が短い今夏いったん休止するものの

秋から再販されるそうです。