おうちご飯と ときどき旅と

気になることだけを気にしてたところまで取り上げました

海から離れた街に建つ【京都水族館】

水族館の多くが海岸部にあるのは

都市部では海水の調達が困難だから。

 

海から海水を運ぶには

海岸部の水族館でも

1tあたり5000円ほどかかり

水槽に使う海水の10%を

毎日追加し続けなければなりません。

 

また 

動物園は途上国でも見られますが

水族館はありません。


海水の温度管理やろ過などに

たくさんの機械や電力を使うためです。

 

先進国が水族館を建設するのは

高い技術と多額の運営資金があるからでしょう。

 

日本の都市部に水族館ができたと

当時話題になったのは「京都水族館」。

 

2012平成25年6月のことでした。

 

同年9月の訪問を振り返ります。

f:id:sachi0801aki:20210801090020j:plain

入館料も話題の2200円!!

f:id:sachi0801aki:20210801090025j:plain

強気な値段設定ですよね???

 

コンセプトは

「水と共につながる、いのち。」

 

鴨川や桂川など

多くの河川を有する京都盆地では

水運の発展や

夏の風物詩の川床

友禅流しなど

水と共に歩んできた歴史があり

ここでは山の湧き水から海に至るまで

多くの命が共生する生態系を

再現しているとのこと。

 

丹後や山城のごく一部に棲む

貴重なオオサンショウウオの紹介からの

定番のオットセイやアザラシ

ペンギンなどにも出会えますが

京都の川や海で!?と

やや興ざめ。

 

まぁかわいいから許すけど。

 

宮津市あたりの「京都の海」を再現した

館内最大の水槽。

f:id:sachi0801aki:20210801094009j:plain

オイルサーディン加工前の

マイワシの群れが見られます。

 

すごいといえば

すべての水槽に人工海水が使われていること。

 

見ても当然分からないんですが

「海水のもと」を希釈しています。

 

名前からしてお手軽そうです^^

 

塩分などから成る「海水のもと」と

ふつうの水を専用の装置で混ぜれば

30分ほどでできあがるとか。

 

エサやふんなど

汚れとも隣り合わせの海水ですが

専用の浄化装置で汚れを除去して再利用。

 

ある程度循環した水は

配管の洗浄などに使われ

最終的に捨てる水は全体の1%ほど。

 

ゆえに新しい海水を追加するのは

全体の1%で済むのだそう。

f:id:sachi0801aki:20210801094014j:plain

東京スカイツリー隣接の

「すみだ水族館2012.5~」も

同系列で人工海水ですね^^

 

カラフルな魚は

温暖な地域のイメージだけど

京都の日本海に棲む鯛の仲間たち。

f:id:sachi0801aki:20210801094019j:plain

 

終盤は野外にある「京の里山」ゾーン。

f:id:sachi0801aki:20210801093145j:plain

まさかの田んぼがありました^^

f:id:sachi0801aki:20210801093152j:plain

本物の稲はあと少しで収穫できそうです。

 

田んぼに水が張られると

外から魚などが侵入してきて

卵を産み付けることもあるそう。

 

ほか

聖護院かぶらや九条ネギなど「京野菜」も

育てているらしいのですが

ちょっと記憶にないな…

 

せっかく行ったのに 

写真に納めないと忘れがち^^;