おうちご飯と ときどき旅と

気になることだけを気にしてたところまで取り上げました

博物館など

文化施設やテーマパーク

ついに完成!利根川水系【八ッ場ダムやんばだむ】直下から巨大な壁を見上げてきました!

建設構想から 住民の生活保障などの問題による反対運動 さらに事業締結からの中止発表 そして継続、完成と 様々な話題で注目を集めていた「八ッ場ダム」。 利根川の支流・吾妻川の中流域である 群馬県長野原町河原湯に 2020令和2年4月1日より運用開始…

かつて存在した観測所は今【富士山レーダードーム館】に!!富士山頂の世界を知る!

2004平成16年10月1日まで 富士山山頂において有人観測所として 台風の早期探知、天気予報や災害防止に その威力を発揮した富士山レーダー。 現在は「道の駅富士吉田」内に移設 「富士山レーダードーム館(610円)」となって 構想からの歴史と役…

日本一富士山に近いまち富士吉田市に残る信仰の面影【御師町通り】を歩く【旧外川家住宅】

山梨県富士吉田市です。 富士急行線「富士山駅」からこんにちは^^ ストレートな駅名からも 富士山観光の玄関口であることが分かります^^ 駅前の観光案内所で こんなご案内を見つけました^^ 「富士山信仰を学ぶ2時間コース」を参考に 散策してきました…

賢島から出港!【エスペランサ】であご湾めぐりと異国風情ただよう【志摩スペイン村】

賢島かしこじま港から出港する 「エスペランサ」に乗船しました。 波静かな英虞あご湾で リアス式の半島や島々の間を進め 途中で真珠モデル工場に立ち寄って 真珠の核入れ作業などの見学ができる 約50分のクルーズです。 乗船チケットの販売は現地で↓ 近鉄…

2000年先までも色褪せない!陶板美術で世界旅行?名画をまるごと複写した【大塚国際美術館】

近年ますます有名になったと思われる 「大塚国際美術館」。 2016年の訪問を振り返ります。 大塚国際美術館は1998平成10年 大塚グループが創立75周年記念事業として設立した 陶板名画美術館です。 美術館も凄いんでしょうけど 山の中をくり抜いて…

「本能寺の変」じゃない現在の【本能寺】にある「信長の廟所」と亡骸の行方~「大宝殿」で学べること

600年余の歴史の間に 4度の移転、5度の焼失を繰り返し ようやくこの地に落ち着いたようです。 石碑だけが目印の「本能寺跡」から 賑やかな街の中にある 現在の「本能寺」へやって来ました。 文化財の指定を受けた建築物も価値あるものですが 信長の廟や…

海から離れた街に建つ【京都水族館】

水族館の多くが海岸部にあるのは 都市部では海水の調達が困難だから。 海から海水を運ぶには海岸部の水族館でも 1tあたり5000円ほどかかり 水槽に使う海水の10%を 毎日追加し続けなければなりません。 また 動物園は途上国でも見られますが水族館は…

ずいぶん前の【海遊館】の画像が残ってましたというだけの記録

大阪港湾の再開発によって 1990平成2年に開館した「海遊館」。 翌年初めて訪問して なんて巨大な水槽だろうと ダイナミックな展示に感動しました。 それまで訪問してきた水族館は 左右に並べられた水槽の間を 鑑賞しながら通り抜けるだけだったから。 …

陶磁器の街・瀬戸市!【瀬戸蔵ミュージアム】で分かる「せともの」の移り変わり

「うつわ」って 用途を考えたりするのも楽しく ついつい見入ってしまいますよね。 「陶磁器」とか 「(地名や産地など)焼」などとも呼びますが 「せともの」と言えば 割れ物注意の器の代名詞となっているほどで 愛知県の瀬戸市が語源の発祥ということを 意…

【鳥取砂丘】での鉄板!美しい砂像群【砂の美術館】とパスポート要らずのハワイ(温泉)

中華でもないのに「中国地方」とは 今の関西あたりが中心であった古代 中央から近国きんごく→中国→遠国おんごくと 区分していた名残のようで。 その北東部に位置する「鳥取県」。 北は日本海に面する「山陰地方」でもあり 東は兵庫県、南に岡山県と広島県、 …

【高知県立坂本龍馬記念館】と高知市内をふらり自己満な画像

桂浜へ来たぜよ^^ 高知市のサイトによると 坂本龍馬像は 高知県の青年有志が募金活動を行い,当時の金額にして2万5千円を集め建立。昭和3年5月27日午後2時,除幕式を行い姿を現した龍馬像。和服姿に懐手,ブーツ姿の龍馬は,はるか太平洋の彼方を見つめて…

【種まき権兵衛の里】県下最大の日本庭園!【便石山】【象の背】がよく見える!!入場無料です

馬越峠まごせとうげが5,2km 便石山びんしやまの往復が4,8km 7時間弱かけて約10km歩いた私。 実際に体験してみて 馬越峠だけなら 初心者コースと言えると思います。しんどいけど。 馬越峠から行く便石山や 今回断念した天狗倉山てんぐらさんは …

【今井町】散策には外せない!代々受け継がれてきた豪華な収蔵品を公開する【紙半豊田記念館】

歴史ある街並みが残る橿原市今井町。 濠で囲んだ城塞都市は 江戸時代には商業都市へと発展したところで 見通しの利かない細い路地には 瓦屋根と白壁の家々が続きます。 辻が多い非碁盤目状の道筋は どう歩けば効率良いのか悩ましいところですが 東から攻めて…

受け継がれる匠たちの技術!式年遷宮の意義を知る【神宮徴古館じんぐうちょうこかん】神に仕える人々

「倭姫文化の森」内にある 「神宮徴古館」にやって来ました。 どうです?この外観。 失礼ながら地方にしては格調高い重厚な建物です。 1909明治42年に完成した当時も 宇治山田という一地方に このような壮麗な建物ができたのは 大変話題になったようで…

「小松航空プラザ」からの日本唯一!【飛行神社】日本の航空機の父【二宮忠八】を讃える

石清水八幡宮を参拝したなら 是非とも訪れてほしい。 同市内の しかも「はちまんさま」の麓(頓宮殿)から 徒歩わずか5分(400m)のところにある 「飛行神社」を!! 去年の11月 「はちまんさま」の帰路 通りすがりに見つけた案内板「飛行神社」。 聞…

【知覧特攻平和会館】【知覧茶屋】と富屋食堂を勝手に勘違いしていたという話

知覧町の武家屋敷群のすぐ近くには 戦地に向かう特攻隊員さんたちをお世話したり 遺品や家族への手紙を預かったりしていたという 鳥濱トメさんが取り仕切る「軍の指定食堂・富屋食堂」がありました。 現在はトメさんのお話に基づいて再現した 「ホタル館富屋…

日本近代化の礎【尚古集成館】に見る島津家の歴史と功績

仙厳園の御殿を囲む 1万5000坪という広大な庭園を 隅々まで散策…といきたいところですが 時間の都合上大幅にカットです^^; 19代当主島津光久によって築かれた島津家別邸・仙厳園は 28代斉彬もこよなく愛した場所で 自らは藩主就任当時の時代背景に…

【新潟島】にふらりとご飯を食べに行きました。

新潟県は広いのです。 どのくらい広いのかというと…関西から北上して新潟県に入るには 福井県、石川県、富山県を通りますが その3県を合わせた面積に匹敵するほどで 国内では 北海道、岩手県、福島県、長野県に次いで 5番目の大きさになります。そして や…

【佐渡島】【佐渡金山】

新潟へ行かねばならず 前乗りして「佐渡島」の観光をしてきて 帰宅後しばらくは いいところだったなぁ…今度はゆっくり見に行きたいなぁ…なんて思っていたけど 月日の流れとともに 思い出は色褪せつつあります^^; あまり移動ができないこの頃ですが 佐渡島の…

【白虎隊】も育てた【會津藩校日新館】で会津の【什】教育の精神に触れてみる

江戸時代 会津藩5代・松平容頌かたのぶから七代・容衆かたひろまで 20年余にわたり藩政を支えてきた田中玄宰はるなかは 東北史上最悪であった天明の飢饉への対処や 会津漆器、本郷焼など産業の振興にも 手腕を発揮した名家老でありました。 「教育は百年…

【什の掟】を守り通した忠臣【白虎隊】が涙を誘う…最期のときまで会津の武士らしく!

会津若松市のシンボル「鶴ヶ城」と 合わせて見ておきたいのが 白虎隊ゆかりの地ではないでしょうか。 戊辰戦争といえば白虎隊ですが そもそも白虎隊の詳細も分かっていない私^^; 覚書として記しておきたいと思います。 まず戊辰戦争というのは 1868慶…

【鶴ヶ城・会津若松城】の歴史【戊辰戦争】【松平容保】の生涯

戊辰戦争や白虎隊の悲話であまりに有名な鶴ヶ城は 「日本名城100選」「日本さくら名所100選」でもあり 会津若松市を訪れたなら是非とも足を延ばしたいところ。 まず鶴ヶ城の歴史に触れてみると… 1384年 葦名直盛が小田木(現三の丸周辺)に建てた …

桜が似合う!【会津武家屋敷】幕末・会津藩の忠臣【西郷頼母邸】【戊辰戦争】での悲しい実話

日本的な風景には 雪も良いけど桜も良いですよね。 券売所の冠木門をくぐれば現れるこの景観。 ここからが 江戸時代ってこんなふうだったのか、という世界に浸れるところ^^ 「歴史感動ミュージアム 会津武家屋敷」は 復元した会津藩家老・西郷頼母たのも邸を…

現存最古の【旧開智学校】が国宝に!木造擬洋風建築は文明開化の香り!?

雪の残る北アルプスを望む 標高およそ500mに位置する信州松本。 長野市に次ぐ都市は 国宝・松本城を中心に広がっています。 松本市には 市全体が屋根のない博物館という構想で 「松本まるごと博物館略称まる博」と称して 東は美ヶ原から西は槍ヶ岳まで …

【クラフトの街 松本】の原点【松本民芸館】名もなき職人たちによる美しい日用品たち

民芸品って良いですね、ぬくもりが感じられて。 職人さんの手仕事というのは ブランド品のように主張して注目を集めるわけではないけれど 使い勝手が良さそうだからと偶然にも手に入れたものが さりげなく置くだけでさまになる。 ただの日用品に過ぎないのに…

日本最古じゃなかった!!【丸岡城】と【一筆啓上・日本一短い手紙の館】関西の奥座敷【あわら温泉】

かつて織田信長が 越前における一向一揆を平定するため家臣の柴田勝家率いる軍を 丸岡にあった「豊原寺とよはらじ」へ送り 攻略しました。越前の国を与えられ 「北ノ庄城」を築城した勝家は福井藩の出城として甥の柴田勝豊に 丸岡城を築かせたのが1576年…

国宝の島・神の島【大三島おおみしま】にあるわが国・日本の総鎮守!【大山祇神社】

愛媛まで出かけることになり いつもは「鳴門ルート」で四国入りするのですが そう急ぐでもない旅路 「しまなみ海道」を利用することに。 その理由の1つはこれ! 大三島にある「大山祇神社おおやまずみじんじゃ」に参拝すること― 広島の尾道から 瀬戸内に浮…

【四国自動車博物館】

「四国自動車博物館」行きました。 車にはまったく詳しくないので 書くことが無い… 博物館というよりも 大きなガレージのような外観で ほんとにここで合ってるのか戸惑いました^^; 中に入って窓口があり その先の自動ドアから入ると左右にずらり。 これは「…

世界に知られる野口英世博士の功績を称える!!【野口英世記念館】猪苗代町

猪苗代町を流れる観音寺川は 桜の名所として知られるところですが 7kmほど西へ進んだ猪苗代湖畔には 偉人伝や紙幣の肖像画などで その名を知らない人はまず居ないであろうと思われる 野口英世の記念館があります。 明治から昭和にかけて 伝染病の原因とな…

伝統的な沖縄の古民家を見て!触れて!【おきなわワールド】

玉泉洞を見て熱帯フルーツ園を抜けて 必ず通る「ガラス工房」では琉球ガラスの体験ができるみたいだけど 特に用はないのでスル――――。 古民家の集まる「琉球王国城下町」へ。 屋根の上には魔よけのシーサーが… 1つ1つ表情が違ってて面白い。 いいなぁ沖縄って…