おうちご飯と ときどき旅と

気になることだけを気にしてたところまで取り上げました

お城めぐり

江戸幕府の権威を周知させる【二条城】絢爛豪華な「二の丸御殿」と庭園と「加茂七石」って?

京都市内の中心部。 落ち着いた街並みの中でも 石垣と白壁が ひときわ目を引きます。 数ある京都の世界遺産の中で 唯一のお城の遺産「二条城」です。 江戸幕府初代将軍・徳川家康が 1603慶長8年 豊臣恩顧の諸大名に造らせたもので 天皇の住まう京都御所…

小さな城下町【出石いずし】【辰鼓楼しんころう】ついに日本最古の論争に終止符!!

城崎温泉を中心とする但馬地方の観光に 余裕があれば是非とも立ち寄りたいのが 「出石町いずしちょう」。 古い歴史ある町の名は 古事記や日本書紀にも見られるほどで 室町時代は 但馬や播磨を支配した山名氏の拠点でした。 山名氏以後の江戸時代は 小出氏、…

【鶴ヶ城・会津若松城】の歴史【戊辰戦争】【松平容保】の生涯

戊辰戦争や白虎隊の悲話であまりに有名な鶴ヶ城は 「日本名城100選」「日本さくら名所100選」でもあり 会津若松市を訪れたなら是非とも足を延ばしたいところ。 まず鶴ヶ城の歴史に触れてみると… 1384年 葦名直盛が小田木(現三の丸周辺)に建てた …

日本最古じゃなかった!!【丸岡城】と【一筆啓上・日本一短い手紙の館】関西の奥座敷【あわら温泉】

かつて織田信長が 越前における一向一揆を平定するため家臣の柴田勝家率いる軍を 丸岡にあった「豊原寺とよはらじ」へ送り 攻略しました。越前の国を与えられ 「北ノ庄城」を築城した勝家は福井藩の出城として甥の柴田勝豊に 丸岡城を築かせたのが1576年…

城壁に圧巻!【桜】とのコラボ!【世界遺産】【今帰仁城】を訪ねる

おいしい今帰仁そばをいただきながら 次の計画の時間配分を考えていた… このあと 美ら海水族館で2時間過ごしたところで ホテルに戻るにはもったいない。 かといって他に見れるところは今帰仁城くらい? 自分は興味あるけど水族館でも歩かないとだし 義父母の…

関ヶ原の戦いで敗北…毛利元就のその後【萩城跡】

三本の矢で知られた毛利元就。 その孫・毛利輝元。 中国地方 9か国 120万国の大大名は 中国地方を制覇したい信長…の家臣・秀吉と激突。 本能寺の変ののち 秀吉と和解して 五大老となり 広島の吉田にある郡山城から 広島の広島に 広島城として 本拠を置く…

平成の大修理を終えて今よみがえる大天守!【姫路城】【世界遺産】

皇居かな? って思った人ーーーーー? 残念! 正解は池田家52万石の姫路城ーーーー♬ 2009平成21年に大天守の保存修理が着工されてからおよそ5年 工事は 漆喰壁の塗り替えや屋根瓦の吹き替えを中心にすすめ 総工費24億円、延べ1万5千人の職人さ…

日本最古の天守閣・アルプスの見える【松本城】と湧き水で潤うレトロな雰囲気漂う城下町

松本市の観光といえばやはりここでしょう。 国宝「松本城」。 松本城は400年余り前(1593-1594)の戦国時代に造られた 外観は五重、内部は6階になっている日本最古の天守閣で 「烏城うじょう」の名を持つ名城です。 松江城や岡山城、広島城など…

護りの工夫がいっぱい!国宝【高知城】へ入城してみた真夏…

あくる日は 追手筋を西へ向かって「高知城」へ。 天守閣と追手門が揃っているのは 全国で3か所のみ。 追手門前の追手筋は 1690元禄3年以来続く日曜市の開かれるところで 500もの露店が 野菜や果物、海産物、植木に骨董など あらゆる品が販売される…

ロープウェイやリフトで行ける【松山城】と夏目漱石の坊ちゃん湯【道後温泉本館】

四国最大の発展を見せる愛媛県松山市は 「松山城」の城下町。 人口約45万人です。 「松山城」は勝山(標高132m)山頂に賤ケ岳の合戦では七本槍として 秀吉側で活躍した加藤嘉明が築いたのがはじまりです。 当初は5層の天守閣を構えていたものの 伊勢…

水上バス・アクアMiniからの【造幣局の桜】と【大阪城】で大道芸・TOMIさん

めっちゃ青空♫ 初夏を思わせる陽気になり この日が1番の見頃でした。 バルーンアート??? いえいえ 大道芸。 東京で活躍されてる方らしく この日 「抽選に当たり 今日1日だけ この場を お借りすることができました」 ということです。 トークもおもしろ…

国宝【彦根城】界隈で過ごした1日

明治の廃城令を免れ 戦災にも遭わず 江戸時代からの姿をとどめる 数少ないお城の1つで 姫路城・松本城・犬山城・松江城と共に 国宝に指定されています。 ・天秤櫓(てんびんやぐら) 石垣に架かる橋より両側に 左右対称の建物で 長浜城から移築。 橋は非常…

【八丁味噌】の【カクキュー】工場見学と【岡崎城】

「五万石でも岡崎さまは お城下まで船が着く 」 と 石高は少ないながらも 家康が江戸幕府を開いてからは 「神君出生の城」として 神聖視され 家格の高い譜代大名に お城を護らせていました。 東海道が城下に引き入れられ 岡崎は東海道有数の宿場町に発展。 …