おうちご飯と ときどき旅と

気になることだけを気にしてたところまで取り上げました

三重県

【種まき権兵衛の里】県下最大の日本庭園!【便石山】【象の背】がよく見える!!入場無料です

馬越峠まごせとうげが5,2km 便石山びんしやまの往復が4,8km 7時間弱かけて約10km歩いた私。 実際に体験してみて 馬越峠だけなら 初心者コースと言えると思います。しんどいけど。 馬越峠から行く便石山や 今回断念した天狗倉山てんぐらさんは …

【象の背】絶景!と出来事!【馬越峠】で紀北町から尾鷲市へ抜けたら帰りはどうやって帰る?

熊野古道・馬越峠まごせとうげからの寄り道で 便石山びんしやまへやって来た私。 目標の「象の背」へ出ると 馬越峠で私を抜かしていった外人さん2人が ドローンを飛ばしていた。 ずっと何かの機械音が聞こえていたので 世界遺産を傷つけてないかと ちょっと…

初心者ですが歩いてみました!【熊野古道・馬越峠まごせとうげ】から【象の背】まで画像多めの記録

お伊勢参りが流行した江戸時代 伊勢路は 伊勢から熊野詣でのための参詣道として 多くの庶民が行き交ったようです。 ぞろぞろと熊野へ向かう人々のようすは 「蟻ありの熊野詣」と称されました。 現在 伊勢路は19区分され 古道ウォークができる世界遺産とし…

超初心者ですが大丈夫でしょうか?【熊野古道・馬越峠まごせとうげ】からの【便石山びんしやま・象の背】

天気の良い平日とはいえ春休み。 こんな日は静かなところへ行ってみようと 早朝から車を運転して「熊野古道」を訪ねました。 まず熊野古道とは 平安中期以降、紀伊半島南部にある熊野三山 (熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)への信仰が広がり そ…

受け継がれる匠たちの技術!式年遷宮の意義を知る【神宮徴古館じんぐうちょうこかん】神に仕える人々

「倭姫文化の森」内にある 「神宮徴古館」にやって来ました。 どうです?この外観。 失礼ながら地方にしては格調高い重厚な建物です。 1909明治42年に完成した当時も 宇治山田という一地方に このような壮麗な建物ができたのは 大変話題になったようで…

【おはらい町通り】と【おかげ横町】などで自己満足な食べ歩き画像

神宮の参拝後は お買い物など散策するのがお楽しみ。 とはいえ この日はまだ早朝だったので 閑散としてました。 伊勢ではどの家もお店も 厄除けの注連縄が一年中かけてありますね。 銀行の外観も町並みに合わせてあります。 神宮におみくじは無いけど おみく…

神への奉醸【酒造免許】を持つ【伊勢神宮】と御料酒【白鷹】と酒米【山田錦】

いろいろな神様がいらっしゃる内宮の森は 「清浄」という言葉がぴったりで 深呼吸をすれば なんだか自分自身も浄化されていくような・・・ そんな気がしました。 神苑には たくさんの酒樽が納められていました。 秋になると奉納され 風物詩のようにとらえていまし…

お伊勢さん【御正宮】と【荒祭宮あらまつりのみや 】公と個と

お馬さんを見届けて 参拝者たちは ぞろぞろとお馬さんに付いていき 人の少なくなった御正宮前。 石段の右側は 立ち入り禁止の御敷地。 地元に伝わる話では 東側に御正宮が建つ20年は米蔵といわれ 食料は満ち足りるが経済は停滞し人が助け合う時代。 西側に…

神に仕える【草新号くさしんごう】が御正宮にお参りする【神馬牽参しんめけんざん】

子供のころから幾度となく来ていた伊勢神宮。 だけど 御厩で過ごすお馬さんは見られても 参拝するお馬さんは見たことが無かったんだよね。 そしてついに! 菊の御紋の衣装を纏ったお馬さん現る♡ 「神馬牽参」です。 来るのを待っていた参拝者は5,6人でし…

【伊勢神宮】は早朝の、できれば【朔日参り】がおすすめ!【宇治橋】から【内宮】の森を歩く

さすがに平日は暇なのか内宮の駐車場は 再び同じ場所へ止めることができました。 伊勢神宮は 9∼4月は5時から 夏場は4時から参拝できます。 神宮の象徴ともいえる「宇治橋」前では 冬至の頃を中心に 鳥居の向こうからの日の出が拝めます。(7時半ごろ) …

【お伊勢参り】は順序正しく【外宮】から!こちらで神様のお食事を日々ご用意しています。

あまりの寒さに 車の中で暖まろうかと思うも この時間を利用して 「外宮(豊受大神宮)」を参拝することを思いつく。 やはり 伊勢神宮では「※外宮先祭げくうせんさい」でしょう。 ※神宮の祭典の順序にならい参拝者も外宮から内宮の順に参拝すること 奇跡的に…

【伊勢神宮】毎月初めは「朔日ついたち参り」!門前で朝粥をいただいてきました。

2013平成25年に 神様のお引越である式年遷宮が行われた「伊勢神宮」。 地元のかたを中心に 「朔日ついたち参り」という参拝があるのをご存知でしょうか? 「朔日参り」とは 毎月のはじまりの日に神宮へ参拝して 無事に過ぎた先月に感謝をささげ 新しい…

日本神話からの案内役【猿田彦神社】ここへ参れば迷いは解決!?

「猿田彦神社」です。 ※写真以外は猿田彦神社のリーフレットの文章です。なんと潔い ものごとの最初に現れ 万事良い方へ”おみちびき”になる猿田彦大神。 建築、方位除け、災難除け、開運、事業発展、五穀豊穣 大漁満足、家内安全、交通安全、海上安全など 古…

ご馳走食べてきたというだけの話【伊勢志摩】

先日 三重県鳥羽市へ行ってきました。親睦会で数名の集まりです。GO TOトラベルで お値打ちなようですが 手配したのは幹事さんなので 申請手続きなどは知りません笑参加費12000円と 宿泊費5000円補助&地域クーポン4000円付きで バスを貸し切っ…

ジョサイア・コンドル建築の【六華苑・諸戸氏邸】で【連鶴】に驚く!!桑名の名産【蛤】のことなど

日本橋からはじまる東海道は 今の名古屋市内・熱田神宮の前の海から 「宮の渡し(七里の渡し)」といって船で海上を七里(約28km)漕げば 三重県の桑名市に入ります。 桑名市は東海道42番目の宿場町であり 桑名城10万石の城下町であったところ。 城主は…

【瀞峡(どろきょう)めぐり】「小川口」から乗るべき2つ の理由 安い!近い!

南紀を訪れたなら「瀞峡めぐり」がお勧めです。まず瀞峡とは 和歌山、三重、奈良の3県を流れる 熊野川の支流・北山川に見られる 国の特別名勝であり天然記念物指定の渓谷美のことで 上流から奥瀞、上瀞、下瀞に区分されます。中でも下瀞はコバルトブルーの…

これぞトロッコらしいトロッコ!?鉱山跡を走る小さな旅 熊野市【トロッコ電車小川口】

早めに到着した私たち。 トロッコ電車小川口の駐車場は無料です。 まだ誰もいないホームに 止められたままのトロッコには かつての荷台は無いけれど かわいらしい小さな作業員用の人車が連結されてました。 大型犬のハウスみたいな? 紀和町一帯の地下には …

新宮【31CAFE】(閉店)と【入鹿温泉】「瀞流荘」に泊まってきたというだけの話

朝から「鬼ヶ城」と「神倉神社」で たくさん歩きまくって汗を流し 普段慣れない筋力を使ったせいか 足も痛くて限界に近い… 部活か ちょっと冷たいものが欲しいなー? せや 新宮に人気のブロガーさんのカフェがあったはず、と調べてみると 結構近い。 これは…

スリルと冒険気分が味わえる!?【世界遺産】【鬼ヶ城】と美しい自然の造形!!熊野灘に吠える【獅子岩】三重県

かつての銅山に 観光誘致でトロッコを復活させた温泉地があります。 それが 三重県熊野市紀和町の「入鹿温泉」!! 瀞峡や熊野古道、丸山千枚田などの 観光への足掛かりとして便利な温泉です。 瀞峡と世界遺産熊野古道 丸山千枚田 赤木城跡の宿 入鹿温泉ホテ…

ここは江戸時代かな!?【おかげ横丁】で食べ歩き♡【伊勢神宮】

伊勢神宮について語ること6回目。 最後は おはらい町&おかげ横丁のことを少しだけ。 昨年末になりますが だらりんが お休みに入ったので 思い付きで お伊勢参りをしてきました。 余裕の昼出発←さすが県内♫ 外宮から内宮 そして おはらい町&おかげ横丁と …

【伊勢神宮】で願いを叶えて欲しいなら?〜荒祭宮は力の強い神様です。

いよいよ 伊勢志摩サミット開催となりました。 ご遷宮効果ですね♡ これを機に伊勢志摩が ますます注目を浴びて 盛り上がるといいなと思います^^ さて 前回からの続きになります。 分岐点まで戻ると とって日本的?な 御稲御蔵みしねのみくらや 外幣殿げへ…

祝【御遷宮】!!神様のお引越しと間違いのない参拝の方法

御正殿までの 参道を進めば 右には 鮑を調理する御贄調舎でした。 そこから先の参道は 柵が置かれ 進入禁止となります。 柵に突き当り 手前左が 現在の御正殿ですが 2013(平成25)年10月までは 柵の向こう現・御正殿の東に 御正殿が 建てられていた…

神様も大好物!?【伊勢神宮】の儀式に欠かせない鮑とは?

伊勢神宮についての続編。 神宮の神域は 伊勢市の3分の1を占める 5500haほど。 広大な神域には 三重の県木である天然の神宮杉をはじめ 榊や椎、樫の木などなど 自然のままに 参詣者たちを 見下ろしています。 瀧祭神からの小道。 あまり知られていな…

【伊勢神宮】1年に1度の神嘗祭とお米の関係は。

さてさて。 豊受大神宮(外宮)の参拝をすませば 次は皇大神宮(内宮)です。 お伊勢さんと呼んだり神宮と言ったり 内宮とか皇大神宮とかややこしいですね^^; もともとは 皇大神宮の外にある豊受大神宮を 「外宮」と呼んだことから 外宮に対して 皇大神宮…

神に選ばれし尊い地【伊勢神宮】…それは私たち日本人の原点だった

先日 外国の方と接する機会があり 『日本らしいところを』と 伊勢神宮へご案内しました。 ご皇室の祖であり 私たち日本人の親神様である 天照大御神あまてらすおおみかみをお祀りする 日本で最も尊いお宮・伊勢神宮。 私自身 年に何度か訪れる お伊勢さんに…

万事良い方向へ道開く!!【猿田彦神社】【伊勢】

「伊勢神宮」の 「内宮」の入口あたりに位置する「猿田彦神社」 よーく見ると鳥居の柱が8角形。 ご祭神はもちろん「猿田彦命」で 天孫降臨…つまり 天照大神あまてらすおおみかみの 孫の瓊瓊杵命ににぎのみことが 神々の国である高天原たかまがはらから 地上…

願いを1つだけ叶えてくれる…【石上さん】三重・相差(おうさつ)

三重県鳥羽市の 相差(おうさつ)漁港です。 海女の活躍する町ですが ここ数年 テレビなどで紹介されてからは 小さな集落が大変なことに!!!! お正月の2日で 漁港は静かでしたが 海女さんを見に来たわけでは ありません。 港は静かですが この町1番の賑…

世界に知られる【的矢牡蠣】おすすめ【いかだ荘山上】

ランチの予約してから行きました。 料理旅館「いかだ荘山上」!!! 予約の際 牡蠣料理を10品か12品のどちらかを選べます。 せっかくなので12品のコースを。 まずは いかだ荘ご自慢の 牡蠣のうま煮のお通しから♡ 松茸と牡蠣の土瓶蒸し♡♡♡ 牡蠣の土手鍋♡ …

熊野倶楽部

今年の7月に オープンしたばかり。 国道から離れているので お得感を出しているそうです。 熊野古道の散策を少しして ランチしてきました♡ 以下 1600円のランチ♡ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ お値打ちな気がします。 kumanoclub.jp

【めいふつ天むすの千寿】で出来立てを食べてきたよ

天むすとは 小ぶりなおむすびに海老天が入っているものです。 今では名古屋名物のような顔をしている天むす。 三重県津市が発祥だということを ご存知でしょうか。 津市大門(だいもん)に 「めいふつ天むすの千寿」というお店があります。 「めいぶつ」じゃ…