ほぼ旅かなり旅ぜんぶ旅手帳

気になることだけを気にしてたところまで取り上げました

海と共に生きる人々の暮らしを伝える!【海の博物館】が予想を超えるおもしろさ!

志摩しましたという前ブログから

鳥羽市へ飛ばしました、なーんて

なに言ってんだか^^;

 

鳥羽市立「海の博物館」です。

f:id:sachi0801aki:20220303094251j:plain

博物館なのに

木造風で瓦葺という和風な建物が複数。

 

ここだけで小さな集落みたいで

鳥羽の素朴な漁村風景に馴染んでますね^^

 

「公共建築百選」の1つだそう。

 

アプローチを進んだ左が「◆展示A棟」

受付で検温&消毒&800円なり。

 

天井から床まである海中を模したスクリーンで

海女さんが漁をする演出が目を引きます。

 

最初に10分程度

海女さんのドキュメンタリーをお勧めされ

そのまま視聴室へ。

 

鮑や海藻など

素潜りの漁の映像に合わせて

一緒に息を止めてみたのですが

苦しくてもう…

改めて海女さんってたくましい。

 

こちらは「白鯨号」という潜水調査艇。

f:id:sachi0801aki:20220303102501j:plain

明石海峡大橋の架橋海底調査や

青函トンネルの海底地質調査に活躍したそう。

 

左の梯子から実際に入れます。

 

誰もいないのを良いことに

潜入してみました。

f:id:sachi0801aki:20220303102509j:plain

謎なハンドルや計器いっぱいで

狭くて平面も無くて

長時間は厳しそう^^;

 

最大深度は500mとのこと。

 

2階はあとで見ることにして

「◆展示B棟」へ移ると

こちらは漁がテーマらしい。

f:id:sachi0801aki:20220303104225j:plain

A棟と共に

船底を思わせる木製の梁は

温かみがありますね。

 

カツオの1本釣りの大きな船を中心に

ノリ養殖や地引網、捕鯨やアサリ漁など

三重の海って、伊勢湾って

昔は良い漁場だったんだなぁ、と

資源の豊富さに驚きます。

 

見たこともない道具の数々の

使い方を照らし合わせてみたり

簡単な体験をしてみたり^^

 

建物から海に出られるのも良いです。

 

昔の海女小屋↓

f:id:sachi0801aki:20220303105148j:plain

漁のあとは小屋に集まって

身体を温めつつおしゃべりがお約束^^

 

2階には

お米が千石積める千石船の紹介も。

f:id:sachi0801aki:20220303105157j:plain

さながら海の東海道

風待ち港は宿場町かな^^

 

そして鳥羽といえば

九鬼水軍・九鬼嘉隆。

f:id:sachi0801aki:20220303112705j:plain

↑もうちょっと凛々しくしてほしかったかなー^^;

このあと鳥羽城跡に行きたいのに

すでに1時間費やしている…

楽しすぎて危険^^;

 

「◆特別展示室」では

海の博物館の建築の説明とか…

f:id:sachi0801aki:20220303094445j:plain

「◆船の収蔵庫」には

圧巻の100艘の木造船が

役割を終えて置かれています。

f:id:sachi0801aki:20220303113622j:plain

スリッパに履き替えるのは

虫食い予防かな?知らんけど。

 

漁船はもちろん
お祭りの船とかカヌーとか…

 

木をくり抜いただけなの簡素なものや

板を組み立てたもの

エンジンが付いたものまで

船も進化するんですね。

f:id:sachi0801aki:20220303114030j:plain

 

「◆ヤマモモの中庭」

f:id:sachi0801aki:20220303114245j:plain

ビン玉も素敵^^

f:id:sachi0801aki:20220303114254j:plain

 

「◆ギャラリー」

海の漂流物で

いろいろアートしてました。感想が雑

 

「◆展示A棟」に戻って2階は…

f:id:sachi0801aki:20220303114625j:plain

大きな龍がお出迎え

よく見ると牡蠣殻で出来ててすごい!

f:id:sachi0801aki:20220303114754j:plain

やはり海の民はえべっさんですよね。

f:id:sachi0801aki:20220303114928j:plain

鳥羽や志摩の海と共に暮らす人々の

海の恵みへの感謝と祈りを表した様々な神事が

小さな集落ごとにいろいろあって

とても素晴らしい!!

 

海の民の根底を見る気がします。

f:id:sachi0801aki:20220303114935j:plain

神島が舞台になってる「潮騒」とか

f:id:sachi0801aki:20220303114944j:plain

信仰から歴史、海の汚染まで

本当に幅広く取り上げています。

 

後半は

だいぶ巻いてきてしまって…

 

ついでではなく

朝から来たほうが良かったかも^^;

 

そして

このような回文でお遊びも↓

f:id:sachi0801aki:20220303115544j:plain

なになに?

f:id:sachi0801aki:20220303115553j:plain

ちょっと考えたけど

謎は全て解けた!

長き夜(永き世)の

遠のねぶり(睡り)の皆目覚め

波乗り船の音の良きかな

ほんとだ!

反対からも読める…読めるぞ!

 

「◆ミュージアムショップ」

こちらもコンパクトながらインパクトあります。

 

展示物にもなっていたウナギのぬいぐるみや

海女さんのつくったウェットスーツ素材のアマノマスク

伊勢湾を300mのイラストにしたぱらぱら長い地図

魔除けグッズなどなど

 

…ということで画像だけでは

楽しさは伝えられませんが

2時間過ぎてました。

 

カフェがお休みだったのが心残り

ところてんが人気だそう。

 

場所はこちら。