おうちご飯と ときどき旅と

気になることだけを気にしてたところまで取り上げました

賢島から出港!【エスペランサ】であご湾めぐりと異国風情ただよう【志摩スペイン村】

賢島かしこじま港から出港する

「エスペランサ」に乗船しました。

 

波静かな英虞あご湾で

リアス式の半島や島々の間を進め

途中で真珠モデル工場に立ち寄って

真珠の核入れ作業などの見学ができる

約50分のクルーズです。

 

乗船チケットの販売は現地で↓

 

近鉄賢島駅改札を左(南)へ出れば

徒歩2分で

真珠屋さんの集まる通りにある

「きっぷうりば」となります。

 

乗用車の場合は

数に限りがあるものの無料駐車場もあります↓

 

ご夫妻の計らいで

船内2階前方の特別室が

利用できました^^

f:id:sachi0801aki:20211206091554j:plain

いやらしいですが

おいくら万円なのか調べたところ

乗船料1名1600円に

貸し切り料金8000円(定員20名)が上乗せ!!

希望日の前日までに電話申し込みが必要とのこと。

 

特別室の利用は

空きがあれば当日でも

船内2階の喫茶で販売(1名400円)しています。

 

50分の乗船ですが

Wi-Fiもお手洗いも完備!!

 

さて

乗船して15分くらいでしょうか

真珠王として名高い御木本幸吉が

1905明治38

真円真珠の養殖に成功したという「多徳島たとくしま」が

見えてきました。

f:id:sachi0801aki:20211206093148j:plain今は無人ですが

昭和後半にはキャンプやカヌーが体験でき

賑わっていたとか。(運営が滋賀県高島市へ移転しています)

 

1893明治26年から

御木本幸吉とその家族

従業員たちが移住していたところ。

 

1905年に成功するまで

その信念と苦労は如何ばかりかと…

 

養殖法を確立してからは

真珠の取引のため多徳郵便局を設け

御木本は初代局長をも務めていました。

 

米国の飛行家が近くに来ると聞いた際は

住民に飛行機を見てもらおうと

島内にわずか4日の突貫で滑走路を建設。

 

初めて飛行機を見た人々は

大いに喜んだそう。

 

1919大正8年には

真珠養殖の拠点を

対岸の大崎半島(志摩市浜島町)へ移しています↓

f:id:sachi0801aki:20211206123425j:plain

現在も

日本にいくつかある養殖場のひとつで

「ミキモト多徳養殖場」として機能しますが

やはり伊勢志摩は

養殖真珠の故郷というべき場所ですね^^

 

1953昭和28

御木本は多徳島にあった自身の施設を

すべて水産庁に寄贈。

 

国立真珠養殖研究所(現・増養殖研究所)が置かれ

改組、撤収されるまで

多徳島で研究活動が行われていたとのことで

日本の水産業に大きく貢献しています。

 

大崎半島の丘の中腹には

真寿閣(手前)と朝熊閣(奥)があります。

f:id:sachi0801aki:20211206123409j:plain

真寿閣は

多徳島にあった御木本の住まい

朝熊閣は

1913大正2年に伊勢市の朝熊山あさまやま

別荘として建てられたものを

戦後それぞれ移築した木造の平屋。

 

御木本が

毎日、国際情勢などの情報を得ていたラジオや

「わしは毎日地球を3回まわっている」と

眺めた地球儀などそのままに

多徳郵便局も残されているとか。いずれも非公開

 

後半のクルーズでは

真珠の加工工場に下船。

f:id:sachi0801aki:20211206103400j:plain

船でしか行けない場所なのだろうと思いきや

まさかの賢島内にあります!!

 

つまり

乗船せずとも宿泊先から

陸路で訪問できる場所でした!

 

しかし

船に乗ることに楽しみがあるので

問題なしですよね?

 

核入れの作業を実際に見ることができたり

販売も行っていました。

 

10分くらいで自然と見終わるので

そのまま乗船です。

f:id:sachi0801aki:20211206104959j:plain

芦ノ湖の海賊船のような船体ですね^^

 

250人乗り

3本マストの帆掛け船タイプで

スペインのカラック船という

大航海時代の船がモチーフ

「エスペランサ」とは

スペイン語で「希望」を意味するそう。

 

日の丸たなびく3階展望デッキです。

f:id:sachi0801aki:20211206115328j:plain

工場の背後には「しまかん」見えてますね♡

f:id:sachi0801aki:20211206115336j:plain

船からはほか

「志摩地中海村↓」や「ネムリゾート」といった

志摩半島の観光施設なども遠望。

f:id:sachi0801aki:20211206141607j:plain

程よい乗船時間で

飽きることなく楽しめました。

 

★おまけ「志摩スペイン村」

ガウディを思わせるような広場。

f:id:sachi0801aki:20211206131813j:plain

門の向こうは「サンタクルス通り」

f:id:sachi0801aki:20211206131823j:plain

不揃いだけどお洒落な石畳の両側に

f:id:sachi0801aki:20211206131839j:plain

青い扉のおうちたち。

f:id:sachi0801aki:20211206131846j:plain

鉢植えも青。

f:id:sachi0801aki:20211206144331j:plain

歩くのが楽しくなる♪

f:id:sachi0801aki:20211206131856j:plain

教会みつけた!

f:id:sachi0801aki:20211206131905j:plain

しかもよく出来てる!

f:id:sachi0801aki:20211206131913j:plain

f:id:sachi0801aki:20211206131921j:plain

 

屋内コースター「アイアンブル」

乗ってみました!

f:id:sachi0801aki:20211206134459j:plain

急流すべりの「スプラッシュモンセラー」も!!

f:id:sachi0801aki:20211206134509j:plain

周りの人たち

耳が痛かったと思う…^^;