ほぼ旅かなり旅ぜんぶ旅手帳

気になることだけを気にしてたところまで取り上げました

安藤忠雄氏の青りんごのオブジェが気になる【兵庫県立美術館】見て歩いてつぶやく!

2022年8月12日から18日まで

「ひょうごプレミアム芸術デー」でした。

 

できれば期間内に書きたかったけど

間に合わなくて^^;

 

なので

開き直って記録しておきます。

 

ある日

いつものようにくだらない情報収集をしていると…

期間中は7カ所の県立施設を無料開放

というニュースを発見。

 

開放される施設の1つ

兵庫県立美術館へお邪魔してきました。

 

屋上のお洒落なカエルさんが

いらっしゃいって誘惑してくる♡

f:id:sachi0801aki:20220919125909j:image

美術館マップによると

兵庫県立美術館は、阪神・淡路大震災からの「文化の復興」のシンボルとして、

2002(平成14)年神戸東部新都心(HAT神戸)に開館しました。

世界的に著名な建築家・安藤忠雄氏によって設計された建物は、

延床面積・約28.000という西日本最大級の規模。

北には六甲山系を、南には瀬戸内海と神戸港の風景を望む美しい環境に位置します。

館内には展示室をはじめ、美術情報センターなど、さまざまな施設があります。

また屋外にも彫刻作品や、建築と風景を楽しめるスペースがあります。

とのこと。

 

開館20周年!

震災が1995平成7年で

7年かかって美術館を建てるまでに

復興したのですね。

 

撮影オッケーらしく

私を含むたくさんのかたが

いろんな作品をパシャパシャしてました^^

 

各展示室は

どれも非日常な空間になっていて

よく分からなかった^^;

 

作品ではない埴輪が愛くるしくて↓

マップには安藤忠雄氏が設計した美術館の

建築おすすめスポットが紹介されていたので

たどってみます。

 

常設展示室エレベーターホール↓

16mの吹き抜けという大空間を上ると

最後は扉がありました。おもしろい^^

 

こちらの階段もかっこいい↓

奥に見える階段とで

騙し絵を思い出しました。

 

屋外には1階から3階まで続く大階段↓

目の前が海なので

腰掛けてのんびりできますね^^

 

スロープの壁から大階段を見る↓

建築業協会賞(BCS賞)のプレート↓

スロープを上から見ると
迷路みたいな^^

大階段は幅が狭くなって

第一展示棟の中央を貫く↓

のぼったろ^^

六甲見えた^^

風のデッキというスペースらしく

六甲からの風と海からの風の

通り道になってて気持ち良いです。

 

ここから見る空と海も良い感じ↓

再び階段を下りて…

地下駐車場から

2階の外を結ぶ円形テラス↓

やっほいぐるんぐるん♪

美術館のシンボルは

影さえも計算されてそう^^

 

ここを通って安藤忠雄ギャラリーへ。

 

氏の作品が紹介されているので

恐る恐る聞いてみたら

撮影しても大丈夫です、と。

 

以下ほぼ写真になります^^

分かる人にはわかる作品群。

水御堂行きたいんよね…↓

百段階段も行ったのになぁ↓

発想が天才。

実物見たいなー。

階段上がったら天井までの本棚

こども本の森もこんな感じかなぁ^^

気持ちだけでも直島↓

スケールでか!

すみませんね、ひとり言ばっかりで。

 

ギャラリーの2階から

海のデッキに行けます、というか

ここからしか行けない海のデッキ。

青りんごのオブジェ

大階段からも見えてたんだけど↓

f:id:sachi0801aki:20220919125819j:image

やっと会えた♡

 

この無機質なコンクリートの世界に

色を与えられた青りんご。

人工的な直線の中にぽつんと。

ここに青りんごが置かれるわけは…

明日への希望かぁ^^

 

著名になっても

挑戦を続けているからこそ

名が残るのですね^^

……ということで

無料開放を良いことに

兵庫県立美術館の建築を鑑賞しました。

 

すっきりとした印象の建物は

大勢の人を受け入れる公共建築にふさわしく

そんなに広くないと思うんだけど

……とはいうものの西日本最大ですが

動線が複雑になるので奥行きを感じます。

 

次はどんな風景になるのか

歩くのが楽しくなる

そんな素敵な美術館でした。