ほぼ旅かなり旅ぜんぶ旅手帳

気になることだけを気にしてたところまで取り上げました

【漱石珈琲店愛松亭】からの【子規堂】文豪ゆかりの松山で駐車場無料の施設を訪ねる

夏目漱石が英語教師として

松山中学校で教鞭をとっていたのは1年間。

 

1895明治28年4月から翌3月までで

翌年度からは熊本へ赴任しています。

 

松山に来て最初の下宿先は小料理屋「愛松亭」で

6月には上野家の別邸に移り住み

そこを自ら「愚陀仏庵」と名付けました。

 

庵の名である愚陀仏とは耳慣れない感じですが

俳句を詠む漱石の号のこと。

 

愚陀仏庵では

8月から病気療養のため帰省していた正岡子規と

共に暮らすこと50日あまり。

 

子規との日々は

英語教師から文豪へ変わるきっかけになったといわれるほど

毎夜、文学論や俳句を交わしたようです。

 

道後温泉のことも気に入っていたようで

立派な公衆浴場で「茶を飲み、菓子を食い、湯に入れば…」と

至れり尽くせりの様子を友人に手紙で伝えたり…

 

そんな自身の日常をもとに書かれたのが名作「坊っちゃん」で

松山は小説の世界と漱石の足取りが感じられる街だからこそ

多くの人々の心をつかんで止まないのですね。

 

愚陀仏庵は残念ながら戦災で焼失し

萬翠荘の裏手に復元されるも

2010平成22年7月の豪雨で全壊。

 

復元の目途はたっていないようですが

その存在の証として

萬翠荘には愚陀仏庵の模型が展示されています。

f:id:sachi0801aki:20220405105234j:plain

1階に子規が居候していたころのイメージ↑

 

愚陀仏庵からの通勤ルートは

こんな感じだったのでしょうか?^^

話を戻して

松山での最初の下宿先は先述の通り愛松亭。

 

その跡地とされる場所に2017平成29年から

「漱石珈琲店 愛松亭」がオープンしています。

 

萬翠荘は異国の空間でしたが

こちらは和風のような洋風のような

大正時代を思わせる建物に

桜や竹林が雰囲気を盛り上げてますね^^

f:id:sachi0801aki:20220405110501j:plain

小料理屋に下宿していたころ

ここからの眺めを気に入った漱石は子規への手紙に

「小生宿所は裁判所の山の半腹にて、眺望絶佳の別天地」

と伝えています。

 

愛松亭も

小料理屋として復元してほしかったと思うも

この日はクチコミにあった丼などの軽食さえ

感染対策のため提供されておらず

ドリンクとケーキのみでした。

 

漱石コーヒーが人気のようですが

愛媛っぽく柑橘スムージー800円を注文。

f:id:sachi0801aki:20220405160356j:plain

しゃりしゃりの氷と甘い果汁が合わさった上にバニラアイス

さらに器といいテーブルの色合いといい

視覚的にもレトロ感が楽しめて…

 

おいしい、けどお腹は満たされませんが^^;

漱石ファンなら思いを馳せる場所に違いありません。

 

この時間を利用して

次の目的地をあれやこれや検索。WiFiも無料

 

近隣の観光施設は

いずれも駐車場無し。※2022年自分調べ

 

しかしついに発見!

愛松亭から10分前後で駐車場無料、入館料50円というところを。

 

超穴場「子規堂」です。

f:id:sachi0801aki:20220406112241j:plain

子規と言えば

柿くへば 鐘が鳴るなり 法隆寺

くらいしか知らないのですが^^;

せっかく松山に来たんだし

松山ならではのことを知るべくお邪魔してきました。

 

天龍山別格「正宗禅寺(正宗寺しょうじゅうじ)」というお寺の境内にあります。

f:id:sachi0801aki:20220406123027j:plain

本堂脇の案内板によると

お堂は松山城天守閣を

五層六階から三層四階に改修した際の余材で建立したもの。

 

16世住職・釈仏海は

子規とは子供のころからの文学仲間であり

正宗寺は正岡家の菩提寺でもあり。

 

子規は漱石と共に

寺の句会に度々訪れている、とのこと。

 

いろいろと驚きがいっぱいです^^

 

境内で異質な存在に見えた「坊っちゃん列車」も

漱石と縁あってのことなのですね。

f:id:sachi0801aki:20220406125508j:plain

小説の中で坊っちゃんが「マッチ箱のよう」と表現した

ほんとに小さな客車です^^

 

その隣には「子規と野球の碑」。

f:id:sachi0801aki:20220406145843j:plain

日本に野球が伝わった当初から野球が好きで

松山にも広めていたそう。

 

他のスポーツには興味を示さないのに

野球に関しては四季ごとに歌まで詠むほど。

 

ベースボールを野球と和訳したのも

自身の本名・升のぼるぼーる)からであり

バッターを打者、ランナーを走者

ストレートを直球、フライを飛球など

端的な表現は今も多く使用されています。

 

文学の題材にも野球を取り入れ

日本の野球界の先駆者的存在となり大きく貢献していることから

2002平成14年には殿堂入り。

 

春になると耳にする球春という言葉が

野球の開幕シーズンを表す季語であるのも

子規が歌の題材に多く取り入れたおかげかもしれません。

 

つづいて子規堂の案内板をよむよむ。

f:id:sachi0801aki:20220407081243j:plain

正宗寺の住職が

お寺の境内へ子規の生家を移築したようです。

f:id:sachi0801aki:20220406115308j:plain

それが焼失して再建したものの

今度は松山大空襲で焼失したので

友人の記憶などをもとに翌年再現した建物なのですね。

f:id:sachi0801aki:20220406120026j:plain

玄関の左には三畳の勉強部屋。

f:id:sachi0801aki:20220406120059j:plain

三畳間ができるまでは

この窓際に机を置いて勉強していたそう。

f:id:sachi0801aki:20220406120155j:plain

松山藩士の家に生まれ

上京して漱石との出会いがあり

大学を中退後は新聞記者となった子規。

 

新聞では

歌はもとより連載や紀行文、批評までこなす文才ぶり。

 

肺結核に冒されてからは前線を退き

血を吐いてまでも鳴き続ける時鳥ほととぎすのごとく

号をホトトギスの別名「子規」とし

俳句雑誌「ホトトギス」を創刊。

 

ただ綺麗な言葉を並べただけの形式的な俳句から

生活の中で生まれる現実的な新しい俳句を普及させたのもこの人。

 

1902明治35年9月19日に亡くなるまでの

36年の生涯になんと18000句を残しています。

 

最後の7年間はほとんど寝たきりの中でも

病と闘い、文学に改革を挑んだ情熱の人でした。

 

病没前

枕に頭を付けたまま描いた「薬物帳」と「草花帳」。

f:id:sachi0801aki:20220406120526j:plain

絵心もあって多才なのですね^^

 

ほか病床時の食事内容や体調の自筆メモなども。

 

展示物には1つ1つに達筆な解説があり…↓

f:id:sachi0801aki:20220406120830j:plain

これが読みづらくて

何が書いてあるのか分からなかったものも多々^^;

 

なのでそれで飽きてしまって

少し早いけどチェックインしに行きます。

f:id:sachi0801aki:20220406121745j:plain

f:id:sachi0801aki:20220406144112j:plain

子規堂の場所はこちら↓