おうちご飯と ときどき旅と

気になることだけを気にしてたところまで取り上げました

【六角堂】からの【錦市場】ふらりと入った牡蠣推しのお店で昼間っから飲んで食べてきたよというお話

「本能寺跡」から「本能寺」へ向かうまでに

「頂法寺」にも立ち寄っていました^^

 

頂法寺というよりは

「六角堂」と呼ぶほうが知られているようで

名のごとく六角通りに面しています。

 

…というよりは

六角堂があるから六角通りなんですよねきっと。

f:id:sachi0801aki:20210826111005j:plain

寺伝によれば

聖徳太子が四天王寺建立の用材を求めて

この地を訪ねた折

持仏の如意輪観音菩薩のため

御堂を建てたのが

お寺のはじまりとか。

f:id:sachi0801aki:20210826111153j:plain

西国三十三か所霊場の

第18番札所でもありますが

個人的に気になるものは「へそ石」^^

 

本堂前の柳のもとにある

六角形の礎石のことです。

f:id:sachi0801aki:20210826113317j:plain

へそ石は古来

京都の中心にあたるとされてきました。

 

また

桓武天皇が長岡京から平安京遷都の際

六角堂が道路にかかってしまうため

遷座を祈願したところ

御堂が自ら北へ15mほど退き

へそ石だけが取り残されたもの

…という話も残ります。

 

六角通りを挟んだ向かいには

六角堂の飛び地があり

そこに鐘楼堂が存在するのは

もともと

六角堂が今よりも南にあった証とも。

f:id:sachi0801aki:20210828093720j:plain

鐘楼は

今も昔も朝夕に時を知らせていて

都の人々にとっては

馴染み深い鐘の音でもあるのでしょう。

 

また

六角堂の北側は池坊家元で

太子の没後

小野妹子が

太子沐浴の泉と伝える畔に一を建て

本尊に花を供えたのが華道の根源といいます。

 

池坊は

いけばなの発祥ということなのですね。

 

また代々の家元は 

六角堂の貫主(住職)様でもあります。

f:id:sachi0801aki:20210827102720j:plain
ところで

正面からでは分からない六角堂の姿ですが

隣接のビル「WEST18」からは

その形を確認することができます。

f:id:sachi0801aki:20210826130803j:plain

※西国三十三か所の第18番札所に由来するビル名

f:id:sachi0801aki:20210826130817j:plain

ビルの東口すぐに

エレベーターが3基。

 

展望エレベーターは左のみです。

 

…が!!

 

なんということでしょう

10階建てなのに

この日はエレベーターが2階止まりで

ごらんの通りでした^^;

f:id:sachi0801aki:20210828101233j:plain

ところで

六角堂はなぜ六角形なのか?

 

諸説あるようですが 

六角形の角は

六根(目、耳、鼻、舌、身、意)であり

六根からは欲が生まれ

欲は人間を苦しめる元凶である、と。

 

頂法寺の御詠歌にも

わが思う 心のうちは 六むつの角かど

ただ円まろかれと 祈るなりけり

とあります。

 

角が無くなり円になるよう

六根清浄を願っての六角形なのでした。

 

ちなみに

六根清浄は「どっこいしょ」の語源とか^^

 

いろいろと由緒のある頂法寺をあとに

三条通へ進むと昔の郵便局とか…

f:id:sachi0801aki:20210828102640j:plain

f:id:sachi0801aki:20210826133634j:plain

京都博物館とか…

f:id:sachi0801aki:20210826133803j:plain

f:id:sachi0801aki:20210826133816j:plain

時計屋さんとか…

f:id:sachi0801aki:20210826133927j:plain

三条通には

レトロな建物が多く残されているらしい。

f:id:sachi0801aki:20210826134054j:plain

そうして

前ブログ記述の「本能寺」を訪ねてから

錦小路通りへ。

 

ビルの壁に刺さってる「錦天満宮」の鳥居^^

f:id:sachi0801aki:20210826134534j:plain

錦天満宮については以下の通り。

f:id:sachi0801aki:20210826134605j:plain

f:id:sachi0801aki:20210826134617j:plain

境内に湧く名水「錦の水」↓

f:id:sachi0801aki:20210826134745j:plain

ゆっくりな紙芝居↓

f:id:sachi0801aki:20210826135049j:plain

おみくじまで電気仕掛け↓

f:id:sachi0801aki:20210826135103j:plain

このあたりは

質の良い地下水が豊富に湧いて

魚などの保存に向くことから

平安時代より市が立ち

江戸時代には

幕府公認の魚市場が置かれていました。

 

錦天満宮を東の起点に

アーケードが続く「京の台所・錦市場」。

f:id:sachi0801aki:20210826140403j:plain

魚市場から始まっただけに

魚を扱うお店が多かったそう。

f:id:sachi0801aki:20210827104034j:plain

ここでは様々な品が揃うようで

ゆっくり見ようかと思っていたのですが…

 

いつまでも私に付き合っていられない、と

錦天満宮からは一足先に

お昼のお店を探していただらりんから

写真が送信されてきました。

f:id:sachi0801aki:20210826150742p:plain

入りたいお店に入れずに

アーケードを出たあたりのお店に決めた、と。

 

市場の見物もそこそこに

「お・待・た・せ―」って

なんだか今日初めて会ったみたいになったけど^^;

 

奥行きのあるお店には

坪庭がありました。京都って感じ♡

f:id:sachi0801aki:20210826151254j:plain

入店時には

石鹸と蛇口から出る湧き水とで

手洗いと検温を済ませましたよ。

 

この季節でも生牡蠣!!!

f:id:sachi0801aki:20210826153507j:plain

左へ行くほど

クリーミーさが増えていくとかで

2番目くらいでちょうど良かったです。

 

そりゃもぅ飲むしかないでしょう^^

f:id:sachi0801aki:20210826152448j:plain

鱧の炙りの

めっちゃいい香り♡香りだけだった…

 

このあとも

牡蠣フライとか

牡蠣入りだし巻きとか

牡蠣グラタンとか…牡蠣祭だわっしょい^^

 

ドライなんて…ただ美味しいだけ♡

f:id:sachi0801aki:20210826153831j:plain

ホワイトソースにも

ちゃんと牡蠣の旨味が感じられました。

f:id:sachi0801aki:20210826152518j:plain

なんとなく京都的かと思って

湯葉とか生麩も食べたけど

ドライには不要だったかも^^;


外で飲んだのも久しぶり♪

  

でも

またまた発令されたので

自粛生活に努めます…しょぼん