おうちご飯と ときどき旅と

気になることだけを気にしてたところまで取り上げました

歴史と文学と情緒あふれる温泉街【城崎温泉】浴衣と下駄で歩いて楽しい!【外湯めぐり】

一度訪ねてみたいと思ってた城崎温泉

書いたら長くなったし

画質が悪くて見づらいですが2011年6月の旅です。

f:id:sachi0801aki:20210619130615j:plain

f:id:sachi0801aki:20210619130618j:plain

江戸時代の「温泉番付」によれば

西の大関は「有馬温泉」

関脇は「城崎温泉」でした。

 

山陰屈指の湯の町は

大谿川おおたにがわに沿って細長く続き

柳並木と所々に架かる石橋とが

和風の温泉旅館と相まって

しっとりと落ち着いた温泉情緒を漂わせています。

f:id:sachi0801aki:20210619113024j:plain

奈良時代の720養老4

道智どうち上人が人々を難病から救うため諸国をめぐり

城崎では千日間の行を修めました。

 

その功徳で

お湯が沸きだしたと伝わるのが城崎温泉で

2020令和2年には

開湯1300年を迎えています。

 

道智上人はさらに

城崎温泉の守護寺として

但馬の名刹といわれる「温泉寺」を開創。

f:id:sachi0801aki:20210619120530j:plain

「城崎温泉ロープウェイ」が運転終了だったため

f:id:sachi0801aki:20210619120744j:plain

山麓駅から少し歩いてみることに。

 

運慶と湛慶の作という

仁王像が残る山門をくぐり…

f:id:sachi0801aki:20210619120534j:plain

薬師堂も古めかしく。

 

f:id:sachi0801aki:20210619115444j:plain

さらに階段を登ると本堂ですが

やっぱりロープウェイは必要ってことで

蒸し暑さに挫折^^;

 

温泉寺本堂のご本尊は

奈良の長谷寺の観音様と

同じに作り上げたものらしく

33年に一度

3年間御開帳される秘仏です。

 

2018平成30年から2021年10月まで

御開帳中とのこと。※拝観料300円

 

麓にある「城崎温泉薬師源泉(元湯)」

f:id:sachi0801aki:20210619130953j:plain

f:id:sachi0801aki:20210619124202j:plain

一帯は「薬師温泉ポケットパーク」として

足湯が楽しめたりベンチで休めたり

甘い物や温泉卵作りにも挑戦できるのです^^

f:id:sachi0801aki:20210619124438j:plain

この日は花しょうぶが見ごろでした。

 

文字通り城崎温泉の源泉が見られるところで

温泉寺と共に必ず寄りたいところ。

 

…というか

温泉街から温泉寺に行く際

必ず通る広場です^^

 

また

城崎温泉は

7か所ある「外湯(共同浴場)」を中心に

発展してきました。

 

今ではどの旅館も内湯を持っているため

外湯の役割は

温泉寺から授かる湯杓を使って
古式正しい入浴作法があるのですが全無視^^;

しっかり入浴するというよりも

それぞれ趣向の異なる浴場をめぐり

雰囲気を楽しむことに意義があるようです。

 

そして7つの外湯では

その日最初の入浴客に

男女それぞれ「一番札」という木札が

記念として渡されていたのですが

オークションで転売されたり

観光客同士で争いがおこるため

2021年4月に廃止されたというのは

記憶に新しいところ。

 

城崎温泉だけの貴重なものだっただけに

手に入れられなかった私は

悲しい思いをしています

 

外湯は各7∼800円の入浴料が

日帰り客向けの1日入浴券なら1300円。

 

城崎温泉の宿泊客なら

旅館から外湯めぐりのICカードが提供され

すべて無料で入浴できるのです!!

 

そんな立派なものが無かったこの日この時代

渡されたのはチケットでした。そう!紙製!

 

浴衣と下駄が城崎温泉での正装だそうで

飲食店やお土産屋さんで賑わう柳並木をそぞろ歩いて

片っ端から湯めぐりを…

 

と思ったものの

定休日や時間外の外湯もあるので

1泊くらいでは

7つすべてをめぐるのは難しいかも。

 

以下

【外湯の感想】などテキトーに^^

◆鴻の湯(700円)

 

THE☆露天風呂って感じ(どんな?)で初っ端から満足。

期待が高まる♡

◆まんだら湯(700円)

f:id:sachi0801aki:20210620132351j:plain

 

奥まったところにあり

個人的に古さを感じたのでパス!

◆御所の湯(700円)

f:id:sachi0801aki:20210620132327j:plain

宇治の平等院のような雅な外観。

f:id:sachi0801aki:20210620132330j:plain

 

本当に綺麗に管理されていて

無料なのが申し訳ないくらい^^;

◆一の湯(700円)

f:id:sachi0801aki:20210620132412j:plain

 

温泉街の中央にあり壁の色と破風が目を引く。

お風呂の岩がすごい!!←語彙力

 

「一の湯」の向かいにある飲める温泉。ksmz…^^;

f:id:sachi0801aki:20210620091128j:plain

◆柳湯(700円)

 

7湯の中では1番小さい。 

湯舟が深くて座れなかった記憶。 

◆地蔵湯(700円)

f:id:sachi0801aki:20210620132436j:plain

ブロックのような外観は7湯では異質。

灯籠の後ろ、入口左に地蔵尊が祀られている。 

ここも入って無い。

 

◆駅舎温泉さとの湯(800円) 

f:id:sachi0801aki:20210620132452j:plain

石橋を渡り東屋を抜けて入る凝った造り。

サウナや滝もある最新かつ豪華な湯。

駅すぐで利用者多し?

 

以下きのさき温泉観光協会公式サイトより引用 

7つの湯すべてに入れば

良縁に恵まれ、夫婦円満、不老不死 不老長寿じゃないの?

ついでに試験合格、商売繁盛・・と人生言うことなし?!

 

7つの外湯に共通する効能・泉質・温度は次のとおりです。

効能

神経痛・筋肉痛・うちみ・慢性・消化器病・痔病・疲労回復 ほか

泉質

ナトリウム・カルシウム‐塩化物・高温泉

温度

42℃

ということで

どこも安心して利用できる清潔さと

それぞれ趣のある浴場は楽しく

旅情に浸れるものでした。

 

さらに

入浴を終えて外へ出る際には

係のかたが

どこの旅館の浴衣なのかを見て

スッとその旅館の下駄を出してくださるのです。

 

最初は偶然かな?と思ったものの

行った先々の係のかたが

膨大な数の異なる宿泊施設の下駄から

瞬時に間違いなく出してくるので

ありがとうございます!

と言わずにいられませんでした^^

 

今はどうなってるのかな?


また

城崎温泉は文学の町としても知られています。

 

平安時代から歌人が訪れ

吉田兼好も歌を詠み

野口雨情は「城崎温泉節」を残しました。

 

「城崎にて」で知られる志賀直哉は

山手線にぶつかり湯治に来たというし

島崎藤村は1927昭和2年に訪問。

 

この地で文豪たちが様々な足跡を残し

全23か所の文学碑となって

温泉街いっぱいに点在します。

f:id:sachi0801aki:20210620131442j:plainそして

城崎温泉の名物料理は

松葉ガニ(ズワイガニの雄)と但馬牛!!

 

名物尽くしのお料理が頂ける旅館が

城崎温泉にはたくさんあるようです。

 

訪問時はカニの漁期ではなかったけど

冬は新鮮なカニを目当てに

訪れる人が多いのでしょうね。

 

外湯と文学とグルメ…

城崎温泉の人気の理由が分かる気がします。